格安ケータイ業界日本一への挑戦

平素より、エックスモバイルの通信サービスをご愛顧いただいておりますお客様、
株主の皆様、取引先の皆様、地域の皆様のご支援を賜り、誠にありがとうございます

2013年10月10日に、
「日本の携帯代を安くしよう」という想いでエックスモバイルを創業しました
本日で6周年を迎えます

わずか28万円で創業した会社が
今日も創業時からかわらず挑戦し続けられますのも

全国47都道府県の加盟店の皆さま、株主の皆さま、従業員のみんな、
すべてのお客様のおかげです

会社としては2019年春に、
通信事業の黒字化も達成する事ができました

心より感謝を申し上げます

「世界中のHAPPYをケータイできりひらく。」

エックスモバイルは北海道から沖縄まで全国に拡がります
47都道府県の加盟店という仲間とともに力を合わせ

日々多くのお客様に格安シム、格安ケータイを提供するだけでなく
iPhoneなどスマートフォンの即時修理サービスや使い方を教える講座

高齢のお客様が"振り込め詐欺"等の被害に合わないようにする為の
固定電話の形をした携帯電話「スゴい電話」という商品の提供を行っています

ケータイを通じて、
地域のお客様の暮らしを良くしたい

そんな想いを各店の店長は強く持っています

<例:兵庫県豊岡市、X-mobile豊岡店の理念>

■ グランドデザイン
お客様に感動して頂ける、安さ、安心、手軽なサービスを提供し、
地域社会に貢献する。

■ 理念
携帯電話の通信料をもっと安く。スマホをもっと手軽に。
何でも安心して相談できる。
そして、常にお客様の立場に立って物事を考え最高のサービスを提供する。

----------------------

全国の仲間の存在と、
彼ら(彼女)と共に歩んできた日々と
これから一緒に頑張っていく事自体が私の宝ものです

Community for All

私は、エックスモバイルを「安いスマホやシムを売る会社」から、「コミュニティカンパニー」にモデルチェンジすることを決断しました
つまり、当社の通信サービスを通じて人々のあらゆるコミュニケーションを豊かにしていく。という事です

その為に、全国47都道府県のエックスモバイル加盟店というコミュニティが存在しています

地域の人々に「私たちの商品」をきっかけに、
より快適で楽しい生活を送っていただきたいと思っているからです

Wi-Fiのあらゆる限界を突破した”限界突破Wi-Fi
振り込め詐欺から高齢者を守る”スゴい電話
毎月980円から使える低価格の”X-mobileのスマホ、SIMカード

これら3つの商品、
そして全国各店の店長やスタッフのサービスも
顔を見ながらの丁寧な接客で、どんなお悩みやご相談にも喜んで対応しています

いつでも、エックスモバイルの店舗や加盟店を頼ってください

全国47都道府県のチーム一体となり限界突破、未来に挑戦

通信業界は大手企業ばかりであり、
格安ケータイ業界においても独立系の大半は撤退するか大手に売却をし、
残存している同業者(格安ケータイ事業者)も資本力のある大手企業の子会社ばかりです

しかし私は、この事こそがチャンスだと感じています
エックスモバイルは一点突破に賭け、ひとつの事業“のみ”にフォーカスしているからです

私自身も創業経営者であり、
全国47都道府県の加盟店という仲間もそれぞれの地域や業界のリーダーです

彼らと力を合わせ
成り行きではない、明確な意思を持ち

「自分たちでもできる」
という事を示していきます

本日販売を開始させて頂いた「限界突破Wi-Fi」という商品は、
その商品自体が、私たちの明確な意思表明のひとつです

素晴らしい通信の未来の為に

私の好きな元野球選手の言葉があります

「人ができない事は誰かがやったら普通になる、次また出てくる」
「1回目やるやつはそこまでが長い」
「1人目になりたい」

私はこの動画を見た時に、勝手ながら私たちのことを言っていると思いました
加盟店の皆さまと、私たち本部が、新しい仲間とも力を合わせて、素晴らしい通信の未来を創り上げる

簡単なことではありません、
しかし、あらゆる業界には1人目(社目)の会社があったはずです

私は自ら先頭に立って、全ての起業家人生を賭けて全国47都道府県の仲間とともに闘っていく覚悟でございますので、
みな様の変わらぬご理解、ご支援をお願いいたします

2019年10月10日
木野将徳
エックスモバイル株式会社
代表取締役兼CEO 木野将徳

代表取締役社長兼CEO
木野 将徳(きの まさのり)プロフィール

1984年岐阜県生まれ
2003年県内の高等学校を卒業後、
フランス料理店でギャルソン・パティシエの見習いを務める。
2004年に19歳で起業。
フラワーショップ等を経営後、27歳で単身マレーシアに移住。
ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン氏の勉強会等へ参加し
エアアジアの創業者であるトニー・フェルナンデスの影響を受け
マレーシアで通信のLCCを創業。