【2024年2月】iPhoneを安く買う8つの方法!最新のiPhone 15シリーズを最安で買うにはどうすればいい?

iPhone 安く買う iPhone

エックスモバイル通信ではアフィリエイト広告を掲載しており、ページ内で紹介したサービス・商品を申し込むと収益が発生し一部が当サイトに支払われる場合があります。

Xロボ 驚き

iPhone 15が気になっているから買い替えたいけど、少しでも安く買うにはどこで買うのがお得なのかな?

2023年9月に発売された最新のiPhone 15シリーズ。

iPhone 15シリーズでは、標準モデルにもこれまでのProモデルのみの特徴であった48MPカメラDynamic Islandの搭載、USB-C端子への対応など、数多くの進化を実現しています。

とはいえ、今回登場したiPhone 15シリーズはすべてのモデルで最低価格が10万円を超えている状況にあり、なかなか高くて手を出しにくいと感じている方も多いと思います。

そこでこの記事では、「10万円以上は出せない!」「最新機種が高い!」と感じている方向けに、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・格安SIMでiPhoneを安く買う方法や、購入価格を抑えるためのポイントを解説します。

また、各キャリア毎にiPhoneを安く買うために利用できる最新キャンペーンや、お得に使える中古端末についても紹介していきます。

iPhone 15シリーズに限らず、少しでもiPhoneをお得に購入したいと思っている方は、この記事を参考に少しでも安くiPhoneを購入する参考にしてみてください。

Xロボ 通常

この記事で分かること

  • iPhoneを安く購入できるおすすめの大手キャリアは楽天モバイル
  • 少しでも安く買うために抑えておきたい8つのポイント
  • 安さ重視で選ぶ際におすすめのiPhone
▶ iPhoneを安く買う際の8つのポイントを見る

▼ 最新トピック

  • 【ワイモバイル】11月15日~ 「iPhone 13」販売開始!
  • 【UQモバイル】11月22日~ 「iPhone 13」販売開始!

9月15日21時〜【予約開始】
iPhone 15をお得に購入する方法

オンラインショップ 予約

9月13日にiPhone 15シリーズが発表
されました。大手4キャリアでは9月22日に発売となります。

予約開始日 9月15日(金) 21時〜
発売日 9月22日(金)

iPhone 15シリーズを最速
手に入れたい場合はオンラインショップ
での購入がおすすめ
です。

予約・購入はこちら!

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。
※ 価格の記載がある情報についてはすべて税込表記です。

  1. 【2024年2月】iPhone 15シリーズを1番安く買う方法はこれ!
    1. 分割払いで購入したい場合は「楽天モバイル」が最安!
    2. 一括払いで購入する場合は「Apple Store」が最安!
  2. 【速報】楽天モバイルでiPhone 15シリーズが最大17,000円値下げ!
  3. iPhoneを安く買うために知っておきたい8つのポイント
    1. ①:キャリアの端末購入プログラムを活用する
    2. ②:旧機種下取りに出して負担を抑える
    3. ③:型落ちモデルを狙う
    4. ④:キャリアの認定中古品iPhoneを購入する
    5. ⑤:キャリアの乗り換え向けキャンペーンを活用する
    6. ⑥:格安SIMで端末とセット申し込みをする
    7. ⑦:Apple公式の整備済み製品から購入する
    8. ⑧:Apple StoreでSIMフリーモデルを購入する
  4. 【キャリア別】iPhoneを安く買う方法
    1. 【15シリーズが値下げ!】楽天モバイルでiPhoneを安く買う方法
    2. ドコモでiPhoneを安く買う方法
    3. auでiPhoneを安く買う方法
    4. ソフトバンクでiPhoneを安く買う方法
    5. UQモバイルでiPhoneを安く買う方法
    6. ワイモバイルでiPhoneを安く買う方法
  5. iPhone 14シリーズを安く買う方法
    1. ■ iPhone 14の基本情報とおすすめできる人
  6. iPhone 13シリーズを安く買う方法
    1. ■ iPhone 13の基本情報とおすすめできる人
    2. 【速報】ワイモバイル・UQモバイルでiPhone 13の発売がスタート!
  7. iPhoneSE(第3世代)を安く買う方法
    1. ■ iPhone SE(第3世代)の基本情報とおすすめできる人
  8. iPhone 12シリーズを安く買う方法
    1. ■ iPhone 12の基本情報とおすすめできる人
  9. iPhoneを安く買うなら格安SIMもおすすめ!
    1. mineo
    2. IIJmio
    3. ahamo
    4. HISモバイル
  10. iPhoneを安く買おうとした際によくある質問
    1. iPhoneの最新機種を1番安く買うならどこがおすすめ?
    2. 今買うのを避けるべきiPhoneは?
    3. iPhoneを安く買う相場は?
    4. 1円で購入できるiPhoneはある?
    5. iPhoneは型落ち・中古モデルでも問題ない?
    6. 購入したiPhoneは全機種でSIMロック解除が必要?
  11. まとめ

【2024年2月】iPhone 15シリーズを1番安く買う方法はこれ!

15_logo

iPhone 15シリーズは、2023年9月に発売された現在販売されているモデルの中で最新のモデルです。

今年のモデルは「iPhone 15」「iPhone 15 Pro」ともに性能面での進化や充電端子がUSB-Cになるなどの変更点も多く、発売直後は品切れが続いていたものの、2024年2月現在はほとんどのモデルで購入可能となっています。

▼ iPhone 15シリーズのスペック

※横にスクロールできます。

iPhone 15 iPhone 15 Plus iPhone 15 Pro iPhone 15 Pro Max
販売価格 128GB 124,800円 139,800円 159,800円 -
256GB 139,800円 154,800円 174,800円 189,800円
512GB 169,800円 184,800円 204,800円 219,800円
1TB - - 234,800円 249,800円
画面サイズ - 6.1インチ 6.7インチ 6.1インチ 6.7インチ
CPU - A16 Bionic A16 Bionic A17 Pro A17 Pro
サイズ - 高さ:147.6 mm
幅:71.6 mm
厚さ:7.80 mm
高さ:160.9 mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80 mm
高さ:146.6 mm
幅:70.6 mm
厚さ:8.25 mm
高さ:159.9 mm
幅:76.7 mm
厚さ:8.25 mm
重量 - 171g 201g 187g 221g
端子 - USB-C
USB 2(最大480Mb/s)
USB-C
USB 2(最大480Mb/s)
USB-C
USB 3(最大10Gb/s)
USB-C
USB 3(最大10Gb/s)
カメラ - 48MP(広角)
12MP(超広角)
48MP(広角)
12MP(超広角)
48MP(広角)
12MP(超広角)
12MP(望遠)
48MP(広角)
12MP(超広角)
12MP(望遠)
電池持ち ビデオ再生時間 最大20時間 最大26時間 最大23時間 最大29時間
カラー - ピンク
イエロー
グリーン
ブルー
ブラック
ピンク
イエロー
グリーン
ブルー
ブラック
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ナチュラルチタニウム
ブラックチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ナチュラルチタニウム
ブラックチタニウム

※販売価格はApple Storeでの価格を基準に記載

iPhone 15ではiPhone 13以来で約2年ぶりに性能・機能面ともに大きく向上し、「ほぼiPhone 14 Pro」といっても差し支えないレベルで強化がされています。

性能面では「iPhone 14 Pro」と同じ、「A16 Bionic」を搭載し、メインの広角カメラについても48MPへ画素数が大幅に向上しています。

特にカメラについては、レンズの画素数だけでなくセンサー類なども一新されたので、より明るく高精細な写真が撮れるようになり、ポートレートについても、被写体を自動で認識して後からでも適用できるようになるといった機能面の向上も図られてます。

その他にも画面上部のノッチが「Dynamic Island」に変更されたほか、充電端子がUSB-Cに変更して利便性が向上するなど、性能面、見た目ともに昨年のモデルからは見た目性能ともに大きく向上しています。

カラーは淡い色のグリーンやブルーなど、全体的にパステルカラーの傾向が強く、毎年の定番カラーであったホワイト(スターライト)と(PRODUCT)REDは、今回からラインナップに外れています。

Xロボ 驚き

iPhoneは発売から約5年程度の長期のOSアップデートが受けられるなど、サポート面でも期待ができるから、頻繁な買い替えを検討していないという方にもおすすめだよ!

iPhone 15シリーズの購入がおすすめの人
  • カメラ性能重視でスマホを選びたい人
  • 今後3年以上長く使い続ける予定の人
  • 最新機種を選びたい人
  • USB-C搭載の機器(iPadやMacなど)をもっている人

2024年2月時点で最新機種であるiPhone 15シリーズは、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの大手4キャリアとApple Storeのみで販売されています。

▼ iPhone 15シリーズを取り扱う販路

  • 楽天モバイル
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • Apple Store

大手キャリアとApple StoreでiPhone 15シリーズをどこから購入すれば安く買えるのか、販売価格を一覧表で比較してみましょう。

※横にスクロールできます。

容量 楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク Apple Store
iPhone 15 128GB 実質価格最安
65,920円
(131,800円)
75,570円
(149,490円)
76,820円
(145,640円)
74,640円
(145,440円)
124,800円
256GB 実質価格最安
76,904円
(153,800円)
86,240円
(172,040円)
87,630円
(166,780円)
85,920円
(166,320円)
139,800円
512GB 実質価格最安
93,912円
(187,800円)
106,700円
(212,300円)
107,985円
(206,930円)
107,160円
(206,640円)
169,800円
iPhone 15 Plus 128GB 実質価格最安
73,408円
(146,800円)
85,580円
(168,740円)
85,790円
(163,490円)
84,000円
(163,440円)
139,800円
256GB 実質価格最安
83,920円
(167,800円)
96,360円
(190,080円)
96,830円
(184,850円)
95,520円
(184,320円)
154,800円
512GB 実質価格最安
102,416円
(204,800円)
116,050円
(230,890円)
117,415円
(225,360円)
117,000円
(224,640円)
184,800円
iPhone 15 Pro 128GB 実質価格最安
87,364円
(174,700円)
97,020円
(192,060円)
99,705円
(185,860円)
96,120円
(185,760円)
159,800円
256GB 実質価格最安
96,416円
(192,800円)
110,550円
(218,790円)
112,930円
(211,930円)
109,200円
(211,680円)
174,800円
512GB 実質価格最安
112,904円
(225,800円)
128,370円
(255,090円)
131,560円
(248,560円)
130,680円
(248,400円)
204,800円
1TB 実質価格最安
129,912円
(259,800円)
146,630円
(291,830円)
150,420円
(285,420円)
150,360円
(285,120円)
234,800円
iPhone 15
Pro Max
256GB 実質価格最安
105,416円
(210,800円)
119,460円
(236,940円)
122,360円
(230,360円)
120,840円
(229,680円)
189,800円
512GB 実質価格最安
122,400円
(244,800円)
137,720円
(273,680円)
141,105円
(267,100円)
140,400円
(266,400円)
219,800円
1TB 実質価格最安
138,416円
(276,800円)
154,110円
(305,910円)
159,850円
(303,850円)
155,040円
(293,040円)
249,800円

※価格は新規契約、オンラインショップで購入の場合
※各キャリアの端末購入プログラム利用時の実質価格
※()内は一括購入時の端末価格
※Apple Storeは分割・一括購入同額

iPhone 15シリーズを大手キャリアから購入するのであれば、「楽天モバイル」から購入するのがもっともお得です。

また各キャリアでは分割払いで購入して一定期間後に端末を返却すると実質半額程度で利用できる端末購入プログラムも提供されているので活用することで、最新のiPhoneも安く買うことが可能です。

分割払いを利用せず一括で端末を購入するのなら、iPhoneのメーカーであるApple直営のストアが最安値です。

Xロボ 通常

分割払いと一括払いで購入するパターンごとに、さらにくわしく解説しよう!

参照元:
iPhone一覧 | 製品|楽天モバイル
iPhone|NTTドコモ
iPhone| 製品情報 | au
iPhone|ソフトバンク

分割払いで購入したい場合は「楽天モバイル」が最安!

iPhone 15 の価格比較画面
引用元: 全通信キャリアのiPhone本体価格比較表 | 楽天モバイル

iPhone 15シリーズを分割で購入したい場合は、実質価格が「4キャリア最安」で定番の楽天モバイルでの購入がおすすめです。

ちなみに楽天モバイルでは、2024年2月21日よりiPhone 15シリーズの価格が値下げされました。値下げ後の端末価格は、機種や容量によって最大17,000円前後も安くなりました

実際にどれくらい安いのかを比較するため、各キャリアでiPhone 15シリーズを分割で支払う際の毎月の月額料金についてまとめました。

なお、分割払い回数については、Apple Storeは36回払い、大手キャリアは残価設定型の24回払いもしくは48回払いを選択した場合の金額を記載しています。

▼ iPhone 15を各キャリアで購入した場合の実質価格

※横にスクロールできます。

分割価格 実質価格
楽天モバイル 128GB:2,745円/月
256GB:3,204円/月
512GB:3,912円/月
128GB:65,920円
256GB:76,904円
512GB:93,912円
ドコモ 128GB:3,285円/月
256GB:3,749円/月
512GB:4,639円/月
128GB:75,570円
256GB:86,240円
512GB:106,770円
au 128GB:3,340円/月
256GB:3,810円/月
512GB:4,695円/月
128GB:76,820円
256GB:87,630円
512GB:107,985円
ソフトバンク 128GB:3,110円/月
256GB:3,580円/月
512GB:4,465円/月
128GB:74,640円
256GB:85,920円
512GB:107,160円
Apple Store 128GB:3,466円/月
256GB:3,883円/月
512GB:4,716円/月
128GB:83,184円
256GB:93,192円
512GB:113,184円

※ソフトバンク/楽天モバイルは48回払い時の分割価格
※ドコモ/auは残価設定型24回分割払い時の分割価格
※Apple Storeは36回分割時の分割価格、また実質価格は24ヶ月目に返却した際の価格

楽天モバイルからiPhone 15を最安で購入する方法としては、「 楽天モバイル買い替え超トクプログラム(48回払い)」を適用して購入した後、24ヶ月目のタイミングで端末返却するパターンです。

※「楽天モバイル iPhoneアップグレードプログラム」は2023年8月に 「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」へ名称が変更されました。

楽天モバイルのiPhoneを最安で購入する条件
  • 楽天モバイル買い替え超トクプログラム(48回払い)」を適用して購入する

※iPhone 15(128GB)の場合:2,745円(48回)=総額131,800円

  • 端末を24ヶ月目のタイミングで返却する

※iPhone 15(128GB)の場合:2,745円(1~24回目)=総額65,920円

  • (対象端末があれば)スマホ下取りサービスで端末を下取りに出す

楽天モバイルは48回で端末代金を分割するので24回目で返却した場合、Apple Storeで36回の分割払いにして24回目で端末返却するよりも安く手に入れられます。

また元の端末価格自体も4キャリアでは最安なので、実質価格の高いドコモやソフトバンクで購入するよりも毎月500円〜最大1,000円も毎月の支払いがお得になります。

一括払いで購入する場合は「Apple Store」が最安!

Apple Storeの購入画面
引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plusを購入|Apple

iPhoneを一括で購入したい場合は、オンラインもしくは直営店舗の「Apple Store」での購入が最安となります。

以下は、iPhone 15を一括で購入する場合の大手キャリアとApple Storeでの販売価格です。

▼ iPhone 15の一括価格

※横にスクロールできます。

128GB 256GB 512GB
Apple Store 124,800円 139,800円 169,800円
楽天モバイル 131,800円 153,800円 187,800円
ドコモ(ahamo) 149,490円 172,040円 212,300円
au 145,640円 166,780円 206,930円
ソフトバンク 145,440円 166,320円 206,640円

※価格は新規契約、オンラインショップで購入の場合

キャリアでも一括で購入することは可能ですが、最安で購入できるApple Storeより約2万円〜3万円前後も上乗せで支払うことになるので、基本的にキャリアで購入したい方は先述した楽天モバイルでの分割購入がおすすめです。

参照元:iPhone一覧 | 製品|楽天モバイル
iPhone|NTTドコモ
iPhone| 製品情報 | au
iPhone|ソフトバンク

【裏技】Apple Storeでキャリア版iPhoneを購入すると割引価格で購入できる

Apple Storeの購入画面
引用元:新しいiPhoneを今すぐ予約する。

キャリアのiPhoneを購入する際、各キャリアの店舗やオンラインストアで手続きを行う方が多いと思いますが、Apple Storeでも手続きを行えることをご存知でしょうか?

ソフトバンク、au、ドコモのいずれかを契約中で機種変更を行う場合、もしくはこれから新規や乗り換えで申し込む予定であれば、Apple Storeの実店舗限定で購入手続きを行うことができます。

さらに、その際のiPhoneの販売価格もApple Storeでの販売価格が適用されるだけでなく、さらに8,800円割引で購入できます。

たとえば、ドコモの契約でiPhone 15(128GB)をApple Storeで購入しようとすると、実質約3.3万円割引で購入することが可能です。

ドコモオンラインショップ 149,490円
Apple Store 116,000円(8,800円割引後)

ただし、「いつでもカエドキプログラム+」などの端末購入プログラムの適用はできないので、注意しましょう。

Xロボ 通常

Apple Storeでも機種変更ができるだけでなく、お得に購入もできるんだね!

▲ 目次に戻る

【速報】楽天モバイルでiPhone 15シリーズが最大17,000円値下げ!

楽天モバイル iPhone 15 値下げ
引用元:楽天モバイル

楽天モバイルでは、2024年2月21日よりiPhone 15シリーズを中心に最大17,000円の値下げが行われました。

新旧の価格比較と割引額は以下のとおりです。

※横にスクロールできます。

製品名 旧価格 改定額 新価格
iPhone 15(128GB) 140,800円 -9,000円 131,800円
iPhone 15(256GB) 161,800円 -8,000円 153,800円
iPhone 15(512GB) 199,800円 -12,000円 187,800円
iPhone 15 Plus(128GB) 156,800円 -10,000円 146,800円
iPhone 15 Plus(256GB) 178,800円 -11,000円 167,800円
iPhone 15 Plus(512GB) 218,900円 -14,100円 204,800円
iPhone 15 Pro(1TB) 276,800円 -17,000円 259,800円
iPhone 15 Pro(128GB) 179,800円 -5,100円 174,700円
iPhone 15 Pro(256GB) 205,800円 -13,000円 192,800円
iPhone 15 Pro(512GB) 240,900円 -15,100円 225,800円
iPhone 15 Pro Max(256GB) 224,800円 -14,000円 210,800円
iPhone 15 Pro Max(512GB) 260,800円 -16,000円 244,800円
iPhone 15 Pro Max(1TB) 288,800円 -12,000円 276,800円
iPhone 13(128GB) 108,900円 -200円 108,700円

また、価格改定のタイミングと同時に、楽天モバイルでiPhoneを購入で最大33,000円相当(20,000円割引+13,000ポイント還元)がお得になるキャンペーンもスタートしたので、気になった方はぜひ以下のボタンから公式サイトをチェックしてみてください。

iPhoneを安く買うために知っておきたい8つのポイント

iPhoneを3つ並べている画像

iPhoneを実際に安く買うためには、以下の8つのポイントを理解しておきましょう。

下記を踏まえたうえで機種はどれを選ぶべきか、キャリアから購入するのか、格安SIMで契約するのか、自分にあったパターンを考えてみてください。

iPhoneを安く買う8つのポイント

①:キャリアの端末購入プログラムを活用する

端末購入プログラムのロゴ

大手キャリアでiPhoneを購入するのであれば、通常の分割購入よりもさらにお得に購入できる「端末購入プログラム」の利用がおすすめです。

「端末購入プログラム」とは、ドコモ・ソフトバンク・au・楽天モバイルの大手4キャリアが実施している、一定期間後の端末の返却を条件とした割引プログラムのことを指し、新規や機種変更、端末のみの購入など、購入方法を問わず利用できます。

また、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルでは「端末購入プログラム」以外にも端末購入に関するキャンペーンを行っており、それぞれ組み合わせることでよりiPhoneを安く買うことができます。

各キャリアの端末購入プログラムとキャンペーンの組み合わせは以下の通りです。

※横にスクロールできます。

端末購入プログラム キャンペーン(端末割引)
ドコモ いつでもカエドキプログラム
残価設定分の支払いが不要
5G WELCOME割
最大22,000円割引
au スマホトクするプログラム
残価設定分の支払いが不要
au Online Shop お得割
最大22,000円割引
ソフトバンク 新トクするサポート
最大24回分の支払いが不要
オンラインショップ割
最大21,600円割引
楽天モバイル 楽天モバイル買い替え超トクプログラム
最大24回分の支払いが不要
iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
最大13,000円分ポイント還元

端末購入プログラムを利用することで、実質価格を半分程度で抑えられるうえ、キャンペーンで割引も受けられるのでぜひ上手に活用しましょう。

Xロボ 驚き

記事の前半で各キャリアの端末購入プログラムと最新キャンペーンを紹介しているから、参考にしてね!

②:旧機種下取りに出して負担を抑える

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのキャリアやAppleでは下取りプログラムを実施しており、端末の購入と同時に利用した場合、さらにお得にiPhoneを入手できます。

下取りプログラムとは、利用中のスマホを各サービスに下取りに出すことで、機種に応じたポイントや割引が付与され、購入端末の代金に充てられるプログラムのことです。

※横にスクロールできます。

還元内容
ドコモ 下取りプログラム:最大114,000円分還元
店舗:下取り相当額を機種代金から割引
オンライン:下取り相当額をポイント還元
au 下取りプログラム:最大100,100円分還元
店舗/オンライン:下取り相当額をポイント還元
ソフトバンク 下取りプログラム:最大100,200円分還元
店舗:下取り相当額をポイント還元もしくは機種代金から割引
オンライン:下取り相当額をポイント還元
楽天モバイル スマホ下取りサービス:最大80,700円分還元
オンライン:下取り相当額を電子マネーで還元
Apple Store Apple Trade In:最大115,000円分還元
店舗/オンライン:下取り相当額を端末代金から割引
※Gift Cardでの受け取りも選択可能

※サービス内容と下取り額は2024年2月時点の内容

最大還元額は不定期で改定されるので、下取りを検討中の人はホームページにアクセスし確認してみましょう。

③:型落ちモデルを狙う

iPhone 8の写真

少しでも安く比較的最新のiPhoneを購入したい場合は、型落ちのモデルを選ぶのがおすすめです。

新型iPhoneは毎年9月前後に発売されることが多く、そのタイミングで旧モデルになった機種は値下げや販売終了になる機種があります。

そのため、費用を抑えてiPhoneを購入したい場合は、1〜2世代前の機種を選択することで、性能面では不足なく使えてお得な機種を選ぶことが可能です。

Xロボ 困る

最新型のiPhoneではなく、型落ちのモデルを購入しても大丈夫なの?

iPhoneシリーズは毎年発売された年のスマホの中でも最高に近い性能が搭載されており、発売から数年が経過したモデルを選択しても充分快適に利用できる可能性が高いといえます。

特に最新機種が発表される9月前後に型落ち品の値下げが実施されることが多いので、価格重視の人はタイミングを逃さないようにしましょう。

④:キャリアの認定中古品iPhoneを購入する

とにかくお得に購入したい場合は、中古のiPhoneを購入することでも安く購入することができます。

とはいえ、中古スマホを購入したことがない方の中には「中古スマホは故障とかを起こしやすそう」「購入してみたら本体の外装が傷だらけだったら嫌だな...」と感じる方も多いかもしれません。

こういった中古スマホへのイメージや不安を感じている方におすすめなのは、キャリアで販売されている中古スマホです。

大手キャリアで販売されている中古のiPhoneは、いずれも各キャリアが設けた厳しい検査基準をクリアした端末のみが販売されており、中古スマホの店舗などで販売されている機種よりも高品質かつ動作面でも問題ないものが販売されています。

各キャリアの中古モデルとして販売されているiPhoneについてくわしくみていきましょう。

docomo Certified(ドコモ認定リユース品)

docomo Certifiedのロゴ
引用元:docomo Certified(ドコモ認定リユース品)

「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」は、ドコモオンラインショップで取り扱われている中古iPhoneのラインナップです。

80%以上の電池残量など、ドコモの厳しい審査基準をクリアした端末のみが販売されており、通常の中古端末よりも高品質の端末が入手できる点がメリットです。

また、商品の受け取りから30日以内の故障は交換が保証されており、それ以降も「ケータイ補償サービス(月額550円)」へ加入できるので、初めて中古品を購入する方でも安心して利用できます。

▼ docomo Certifiedのラインナップ

  • iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 / 11 Pro
  • iPhone XS / XR
  • iPhone X
  • iPhone 8

すべての端末に共通して、画面や本体の割れや欠けがない製品のみを取り扱っており、その他の傷や汚れの状態に応じてA+、A、Bのランクが分かれています。

▼ ランク別の端末の状態

  • ランクA+:目立つ傷や汚れがなく、非常にきれいな状態のもの
  • ランクA:目立つ傷や汚れが少なく、きれいな状態のもの
  • ランクB:細かな傷や汚れがあり使用感があるが、比較的状態が良好なもの

ドコモオンラインショップより引用

初めて中古端末を購入する方は、端末の状態などに不安を感じるかもしれませんが、ドコモがチェックを行った端末のみを販売しているので、型落ち端末でも気にならなければぜひ活用してみてください。

au Certified(認定中古品)

au Certifiedのロゴ
引用元:au Certified(au認定中古品)

「au Certified(au認定中古品)」は、auオンラインショップで販売されている高品質な中古スマホのラインナップです。

過去にauが「下取りプログラム」や「アップグレードプログラム」で回収したスマートフォンを、専門業者による徹底した検査や完全初期化などを行ったうえで、動作に問題がなかった端末のみが販売されています。

「au Certified(au認定中古品)」で取り扱いがあるiPhoneは以下の通りです。

また、iPhone以外にも「Xperia 1 Ⅱ」や「Galaxy S20」といったAndroidのスマートフォンも選択可能です。

▼ au CertifiedのiPhoneのラインナップ

  • iPhone 12 / 12 Pro
  • iPhone 11

ランクについては、傷や汚れの状態に応じて「au Certified」と「au Certified Premium」に分かれています。

▼ ランク別の端末の状態

  • au Certified Premium:目立つ傷がなく非常にきれいな状態
  • au Certified:軽微な傷や汚れなどがあるが、比較的良い状態のもの

auオンラインショップより引用

詳しい傷や汚れの具合は公式サイトにサンプルイメージと合わせて掲載されているので、気になった方はチェックしてみてください。

SoftBank Certified(認定中古品)

SoftBank Certified(認定中古品)
引用元:SoftBank Certified(ソフトバンク認定中古品)

「SoftBank Certified(認定中古品)」はソフトバンクが下取りプログラムなどで回収したiPhoneを、クリーニングや整備をしてオンラインショップ限定で販売している中古機種です。販路はオンラインショップのみに限られるものの、旧型モデルがお得に購入可能です。

ソフトバンク公認の認定済み整備品のため、機種によって細かい汚れや傷がありますが、型落ちモデルが最安で2万円台から購入可能です。

また、商品到着日から30日以内であれば、万が一故障等があっても交換をしてもらえます。

▼ SoftBank Certifiedのラインナップ

  • iPhone 11(64GB/128GB)
  • iPhone 11 Pro(64GB/256GB)
  • iPhone XS(256GB)
  • iPhone XR(128GB)

※参照元:【オンライン限定】SoftBank Certified(認定中古品)認定整備済み iPhone | | ソフトバンク

さらに今なら、22歳以下の利用者が購入する際に端末価格から最大10,080円割引、乗り換えや新規では最大21,600円割引を適用できるので、気になった方は合わせてチェックしてみてください。

⑤:キャリアの乗り換え向けキャンペーンを活用する

数万円単位の大幅な割引を受けたい場合、現在のキャリアから他社へ乗り換え(MNP)を検討するのがおすすめです。

大手キャリアなどでは「最大◯万円割引」や「実質◯円〜」という表記を見かける方もいるかもしれませんが、これらの適用条件のほとんどに「乗り換え(MNP)」が含まれています

Xロボ 困る

同じキャリアで機種変更する場合は、割引がないもしくはポイント還元という場合も多いよ!

また、乗り換えに合わせて毎月のスマホ料金を下げたいのであれば、格安SIMでも乗り換えと同時に端末セットで申し込むと割引を受けられるところもあるので、今のキャリアにこだわりがなければ積極的に「乗り換え」を検討してみるといいでしょう。

⑥:格安SIMで端末とセット申し込みをする

iPhoneの端末だけを購入する場合と、回線とセット購入をする場合だと、回線とセット購入する方がお得になることが多いです。

iPhone SE(第3世代) の画面
引用元:iPhone SE(第3世代) | IIJmio

例えば、格安SIMも含めた回線と端末をセットで申し込むことで、乗り換えでは最大22,000円割引、新規であれば最大11,000円割引を上限に適用されます。

また楽天モバイルなどは対象プランを同時に申込むと、ポイントや割引などでより大きな還元を受けられる場合もあります。

一方で端末のみを購入する場合は、割引が適用されなかったり基本的に定価での購入となったりする可能性があります。

Xロボ 困る

格安SIMの場合は回線とセットでなければ購入できなかったり、高額なiPhoneを一括で支払う可能性があったりするよ!

とはいえ、大手キャリアでは端末のみでも「端末購入プログラム」を適用することができたり、誰でも適用されるキャンペーンが用意されていることもあるので、少しでもお得に購入したい方はぜひ検討してみるといいでしょう。

Xロボ 困る

スマホだけを買おうとすると、かえって損をする可能性もあるんだね...

⑦:Apple公式の整備済み製品から購入する

整備済iPhone
引用元:整備済iPhone|Apple

大手キャリアで中古iPhoneを購入できることは前述しましたが、Apple公式でも返品などの理由で戻ってきた製品を再整備した新古品のiPhoneの販売が行われています。

Apple公式で購入した整備済製品については、バッテリーや外装は新品のものに交換されているため、実質的にはほぼ新品の端末が購入できます。また、購入した端末には最大1年間の保証が含まれるのも嬉しいポイントです。

▼ Appleの整備済みiPhoneの特徴

  • 動作テスト・クリーニングを行なった端末のみを販売
  • 旧モデルをオンライン限定でお得に購入できる
  • ケーブルなどの付属品も同梱されている

2024年現在で購入できるモデルは、「iPhone 12 Proシリーズ」「iPhone 13 Proシリーズ」が中心に展開されており、色や容量も含めて在庫は不定期に追加されています。

▼ Appleの整備済みiPhoneで購入できるモデル

  • iPhone 12 Pro 128GB:95,800円
  • iPhone 12 Pro 256GB:108,800円
  • iPhone 12 Pro 512GB:133,800円

旧モデルのProシリーズが購入できる窓口はそれほど多くないので、型落ちのProシリーズが欲しい方はぜひ検討してみてください。

⑧:Apple StoreでSIMフリーモデルを購入する

iPhone 15の購入ページ
引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plusを購入|Apple

Apple Storeで販売されているiPhoneは、各大手キャリアで販売されているiPhoneシリーズよりも安く購入することができます。

実際にどれくらいお得なのかみてみましょう。

▼ iPhone 15の販売価格

※横にスクロールできます。

128GB 256GB 512GB
Apple Store 124,800円 139,800円 169,800円
楽天モバイル 131,800円 153,800円 187,800円
ドコモ 149,490円 172,040円 212,300円
au 145,640円 166,780円 206,930円
ソフトバンク 145,440円 166,320円 206,640円

このように、容量によって15,000〜40,000円前後も安く購入することが可能です。

またApple Storeで販売されているiPhoneはすべてSIMフリーモデルなので、大手キャリア・格安SIMを問わずSIMを読み込むだけで利用できます。

ただし、「ペイディ」を利用した分割購入には対応しているものの、大手キャリアのような端末購入プログラムは提供されていないので、返却を前提に分割費用を抑えたいと考えている方は注意しましょう。

▲ 目次に戻る

【キャリア別】iPhoneを安く買う方法

楽天モバイルのキャリア比較表
引用元:4キャリアのiPhone 14などの本体価格比較表 | 楽天モバイル

大手4キャリアでは、利用中のスマホを2年前後以降のタイミングで返却することでiPhoneをお得に手に入れられる「端末購入プログラム」や割引・還元を受けられるキャンペーンを複数実施しています。

これらを活用することで、高額なiPhoneでも負担感を抑えて購入することが可能です。

そこで各キャリアでiPhone購入時に利用できるキャンペーンや端末購入プログラムの詳細をそれぞれ詳しく解説していきます。

※横にスクロールできます。

端末購入プログラム キャンペーン 下取りプログラム
楽天モバイル 楽天モバイル買い替え超トクプログラム
  • 楽天モバイルトク得乗り換えキャンペーン
スマホ下取りサービス
ドコモ いつでもカエドキプログラム
  • 5G WELCOME割
下取りプログラム
au スマホトクするプログラム
  • au Online Shop お得割
  • 5G機種変更おトク割
下取りプログラム
ソフトバンク 新トクするサポート
  • オンラインショップ割
下取りプログラム

【15シリーズが値下げ!】楽天モバイルでiPhoneを安く買う方法

楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneを買う際には、「 楽天モバイル買い替え超トクプログラム」に加えて、キャンペーンも利用するのがおすすめです。

端末購入プログラム
  • 楽天モバイル買い替え超トクプログラム
iPhone購入時に適用されるキャンペーン
  • iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
下取りプログラム スマホ下取りサービス

iPhone 14シリーズの値下げも実施しており、他のキャリアよりもお得に購入できるのでぜひチェックしてみてください。

楽天モバイル買い替え超トクプログラム

楽天モバイル買い替え超トクプログラムのロゴ
引用元:楽天モバイル買い替え超トクプログラム| 楽天モバイル

楽天モバイル買い替え超トクプログラム」とは、端末を48回払いで購入し、25ヶ月目以降に楽天モバイルへ返却することで、残債の支払いが免除されるプログラムです。

つまり、2年目以降の端末の返却を条件とする代わりに、iPhoneを実質半額で利用できます。

2023年8月までは、「楽天モバイル iPhoneアップグレードプログラム」として提供されていましたが、新たにAndroidスマホでも適用可能にサービスが拡大したことで、名称が変更されました。

Xロボ 驚き

楽天モバイルでiPhone 15シリーズを「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」利用で購入し、24ヶ月目に返却した場合の実質価格は以下のとおりだよ!
※()内は一括払い時の端末代金

※横にスクロールできます。

iPhone 15 128GB 65,920円
(131,800円)
256GB 76,904円
(153,800円)
512GB 93,912円
(187,800円)
iPhone 15 Plus 128GB 73,408円
(146,800円)
256GB 83,920円
(167,800円)
512GB 102,416円
(204,800円)
iPhone 15 Pro 128GB 87,364円
(174,700円)
256GB 96,416円
(192,800円)
512GB 112,904円
(225,800円)
1TB 129,912円
(259,800円)
iPhone 15 Pro Max 256GB 105,416円
(210,800円)
512GB 122,400円
(244,800円)
1TB 138,416円
(276,800円)

※価格は新規契約、オンラインショップで購入の場合
参照元:iPhone一覧 | 製品|楽天モバイル

また、「楽天モバイル買い替え超トクプログラム(旧:楽天モバイル iPhoneアップグレードプログラム)」を適用すると、自動的に48回払いで分割支払額が設定されるので、毎月の負担額を抑えられます

「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」は楽天モバイルの契約の有無を問わず、楽天モバイル経由でiPhoneを購入することで利用できるので、端末のみ購入したいという方でも利用可能です。

ただし、プログラムを適用するためには、楽天カード決済が条件とされている点には注意が必要です。

※参照元:楽天モバイル買い替え超トクプログラム| 楽天モバイル

【最大13,000ポイント還元】iPhoneトク得乗り換えキャンペーン!

iPhoneトク得乗り換え! キャンペーン
引用元:iPhoneトク得乗り換え! | 楽天モバイル

乗り換え時に楽天モバイルとのセット購入を検討しているのであれば、「iPhoneトク得乗り換え! キャンペーン」が適用されてさらにお得です。

「iPhoneトク得乗り換え! キャンペーン」は対象モデルのiPhoneを購入した上で、一定条件を満たすと合計で最大13,000円相当の楽天ポイントが受け取れるといった内容になっています。

Xロボ 通常

具体的には以下の4つのキャンペーンをすべて適用することで、最大19,000円分の還元になっているよ!

▼iPhoneトク得乗り換え! キャンペーンの内訳

※横にスクロールできます。

適用条件 特典額
初めてプラン申し込み&他社から乗り換え&対象のiPhoneを購入 13,000ポイント
合計 13,000ポイント

楽天モバイル買い替え超トクプログラム(旧:楽天モバイル iPhoneアップグレードプログラム)」と組み合わせると最大半額で利用できるうえ、13,000円分の還元を受けられるので実質価格を大幅に抑えられます。

また、上記のキャンペーン内容は主に「乗り換えユーザー対象」となっていますが、新規申し込みでも上記の条件に加えてiPhone 15シリーズを購入することで、最大10,000円分の還元を受けられます。

楽天モバイルでは3GBで月額1,078円、無制限で使っても3,278円とキャリアながら格安SIMにも負けない低料金が魅力です。

楽天モバイル最強プラン
参考・引用元:iPhoneトク得乗り換え! |楽天モバイル

携帯料金とあわせてiPhoneの端末代金も安くしたいとお考えの方はぜひ楽天モバイルを検討してみましょう。

Xロボ 通常

楽天モバイルで実施中のキャンペーンについてはこちらの記事で解説しているから、あわせて読んでみてね!

楽天モバイルのキャンペーン・特典まとめ

スマホ下取りサービス

スマホ下取りサービス
参考・引用元:スマホ下取りサービス |楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneを購入する際に、もともとお使いのiPhoneがあれば「スマホ下取りサービス」を利用してみましょう。

「スマホ下取りサービス」でiPhoneを下取りしてもらえれば、楽天のサービスや楽天ペイで利用できる楽天キャッシュで還元してもらえます。

下取りサービス対象のiPhoneの一例と下取り最高価格をまとめたので、お使いの端末にどれくらいの値段がつくか確認してみてください。

※横にスクロールできます。

機種 容量 下取り価格の目安
(良品判定の場合)
iPhone 13 128GB~ 48,000円~
iPhone 13 mini 128GB~ 37,570円~
iPhone 13 Pro 128GB~ 59,200円~
iPhone 13 Pro Max 128GB~ 68,000円~
iPhone 12 64GB~ 32,250円~
iPhone 12 mini 64GB~ 26,250円~
iPhone 12 Pro 128GB~ 48,000円~
iPhone 12 Pro Max 128GB~ 56,000円~
iPhone 11 64GB~ 17,100円~
iPhone 11 Pro 64GB~ 18,900円~
iPhone 11 Pro Max 64GB~ 22,500円
iPhone X 64GB~ 10,800円
iPhone XS 64GB~ 11,700円~
iPhone SE(第2世代) 64GB~ 11,000円~
iPhone XR 64GB~ 8,100円~

※SIMフリー端末の場合
※下取り価格は定期的に変動します。

Xロボ 驚き

上記以外のiPhoneの機種も下取り中!ちなみに下取りに出す端末がiPhoneではなく、Androidでも下取りが可能だよ!

今お使いの古い端末は下取りサービスに出して、お得に最新機種を購入しましょう。

ドコモでiPhoneを安く買う方法

docomo

ドコモでiPhoneを購入する際は、以下のキャンペーンとプログラムを活用するといいでしょう。

端末購入プログラム
  • いつでもカエドキプログラム
  • いつでもカエドキプログラム+
iPhone購入時に適用されるキャンペーン
  • 5G WELCOME割
下取りプログラム 下取りプログラム

ドコモでiPhoneを購入する場合の価格や最新キャンペーンを紹介します。

いつでもカエドキプログラム

いつでもカエドキプログラムの画像
引用元:いつでもカエドキプログラム | ドコモオンラインショップ

いつでもカエドキプログラム」とは、端末を24回払いで購入し、23ヶ月目までにドコモへ返却することで、事前に設定された24回目の残価の支払いが免除されるプログラムです。

ドコモでいつでもカエドキプログラムを利用してiPhone 15シリーズを購入する場合の、実質支払い額は以下のとおりです。

iPhone 15 128GB 75,570円
(149,490円)
256GB 86,240円
(172,040円)
512GB 106,700円
(212,300円)
iPhone 15 Plus 128GB 85,580円
(168,740円)
256GB 96,360円
(190,080円)
512GB 116,050円
(230,890円)
iPhone 15 Pro 128GB 97,020円
(192,060円)
256GB 110,550円
(218,790円)
512GB 128,370円
(255,090円)
1TB 146,630円
(291,830円)
iPhone 15 Pro Max 256GB 119,460円
(236,940円)
512GB 137,720円
(273,680円)
1TB 154,110円
( 305,910円)

※価格は新規契約、オンラインショップで購入の場合
※()内は一括払い時の端末代金

23回目に端末を返却すれば、iPhoneをおよそ半額で2年利用できるので常に最新機種を持ちたい方にもおすすめです。

いつでもカエドキプログラムイメージ
参考・引用元:いつでもカエドキプログラム

いつでもカエドキプログラムでは、返却時期を早めることで、実質負担額が少なくなる「早期利用特典」も活用できます。

返却の翌月から23回目までの分割代金分と一定額の割引が上乗せして月額料金から差し引きされるため、さらにお得に利用できます。

※参照元:いつでもカエドキプログラム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

いつでもカエドキプログラム+

いつでもカエドキプログラム+の画像
引用元:いつでもカエドキプログラム+ | ドコモ

「いつでもカエドキプログラム+(プラス)」は、「いつでもカエドキプログラム」の内容を拡充して2023年9月から開始された新サービスです。

既存の「いつでもカエドキプログラム」との大きな違いは、最短で12ヶ月目以降に返却すると、それ以降の残債がかからなくなる点です。

そのため、適用条件さえ満たしていれば毎年最新のiPhoneに負担を抑えながら買い替えるといったことも可能になります。

ただし、「いつでもカエドキプログラム+」の適用には、「いつでもカエドキプログラム」の適用条件 に加えて、「smartあんしん補償」への加入が必須になる点と、23ヶ月目までの返却時にプログラム早期利用料の支払いが必要である点には注意が必要です。

また、「いつでもカエドキプログラム+」が適用できるiPhoneはiPhone 15シリーズのいずれかのみである点も気をつけましょう。

▼ いつでもカエドキプログラム+の適用条件

  • 「いつでもカエドキプログラム」と「smartあんしん補償」の両方に加入する
    ※プログラム利用月から遡って2か月以内の期間に「smartあんしん補償」を契約中である
  • 返却時にプログラム早期利用料を支払う
  • dポイントクラブに加入している
  • 対象機種を残価設定型24回払いで購入する
  • 返却時のスマホの状態がドコモの基準を満たしている

ただし、「smartあんしん補償」の毎月のオプション料金とプログラム利用料を追加で支払ったとしても、「いつでもカエドキプログラム」よりもお得になるパターンもあるので、新しいiPhoneを使い続けたい方はぜひ検討してみてください。

【最大22,000円割引】5G WELCOME割

5G WELCOME割
引用元:5G WELCOME割|ドコモオンラインショップ

ドコモでiPhoneの購入する際に利用できるキャンペーンは、「5G WELCOME割」です。

「5G WELCOME割」は、主に乗り換えや新規の方が対象のキャンペーンとなっており、購入方法や機種によって割引もしくはdポイントによる還元が行われています

▼ 他社からの乗り換え時の対象機種

機種名 割引内容
iPhone 13(256GB/512GB) 22,000円割引
iPhone 15/15 Plus 20,000円分のポイント還元※
iPhone 14/14 Plus
iPhone 13 Pro/13 Pro Max
iPhone 13 mini
iPhone SE(第3世代)

※購入時に利用者が22歳以下、またはeximoをプラン選択することが適用条件

▼ 新規契約時の対象機種

機種名 割引内容
iPhone 15 20,000円分のポイント還元
iPhone 15 Plus(128GB/256GB)

※購入時に利用者が22歳以下、またはeximoをプランで選択することが適用条件

このように基本的にポイント還元の機種が多くなっています。また、ポイント還元時には「利用者が22歳以下もしくは無制限プランのeximoへの加入」が条件にもなっている点には注意が必要です。

上記の機種以外にも、「docomo Certified(ドコモ認定中古品)」のiPhoneであれば22,000円割引の機種も数多くあるので、旧機種でも気にしない方は合わせて検討してみてください。

参考元:5G WELCOME割|ドコモオンラインショップ

下取りプログラム

ドコモ下取りプログラム
参考・引用元:下取りプログラム

ドコモの「下取りプログラム」は今使っているスマホを下取りに出すことで、端末や状態に応じた下取り額と同額のdポイントが還元されるサービスです。

ドコモで購入した機種であれば「いつでもカエドキプログラム」や「スマホおかえしプログラム」を利用する方も多いかとは思いますが、ドコモ以外から購入したiPhoneなどをお持ちであれば、下取りに出すことで数万円規模の還元を受けられる可能性があります。

また、下取り額が大きく下がるものの、画面割れ等の破損があっても下取りに出すことも可能です。

Xロボ 通常

ドコモで下取りをしているiPhoneの一例を紹介するよ!

※横にスクロールできます。

機種 容量 下取り価格の目安
(良品判定の場合)
iPhone 14 128GB~ 70,000円~
iPhone 14 Plus 128GB~ 79,000円~
iPhone 14 Pro 128GB~ 87,000円~
iPhone 14 Pro Max 128GB~ 100,000円~
iPhone 13 128GB~ 47,000円~
iPhone 13 mini 128GB~ 37,000円~
iPhone 13 Pro 128GB~ 57,000円~
iPhone 13 Pro Max 128GB~ 77,000円~
iPhone 12 64GB~ 24,000円~
iPhone 12 mini 64GB~ 17,000円~
iPhone 12 Pro 128GB~ 37,000円~
iPhone 12 Pro Max 128GB~ 44,000円~
iPhone 11 64GB~ 15,000円~
iPhone 11 Pro 64GB~ 16,000円~
iPhone 11 Pro Max 64GB~ 18,000円~
iPhone X 64GB~ 8,000円~
iPhone XS 64GB~ 9,000円~
iPhone SE(第2世代) 64GB~ 11,000円~
iPhone XR 64GB~ 15,000円~

※ドコモで販売したiPhoneの場合
参考・引用元:下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ちなみに、下取り価格は毎月更新されているので、気になった方はドコモ公式サイトをチェックしてから申し込みましょう。

参考元:下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

▲ 目次に戻る

auでiPhoneを安く買う方法

au

auでiPhoneを購入する際は、以下のキャンペーンとプログラムを活用するといいでしょう。

端末購入プログラム スマホトクするプログラム
iPhone購入時に適用されるキャンペーン
  • au Online Shop お得割
  • 5G機種変更おトク割
下取りプログラム 下取りプログラム

auユーザーの方やauへの乗り換えと同時にiPhoneの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

スマホトクするプログラム

スマホトクするプログラム
参考・引用元:スマホトクするプログラム|au

スマホトクするプログラム」とは、端末を24回払いで購入し、13〜25ヶ月目までの間にauへ返却することで、最終回分の分割代金が免除されるプログラムです。

auでスマホトクするプログラムを利用してiPhone 15シリーズを購入した場合の支払い総額は以下のとおりです。

iPhone 15 128GB 60,760円
(145,640円)
256GB 71,570円
(166,780円)
512GB 91,925円
(206,930円)
iPhone 15 Plus 128GB 69,730円
(163,490円)
256GB 80,770円
(184,320円)
512GB 101,355円
(224,355円)
iPhone 15 Pro 128GB 83,645円
(185,860円)
256GB 96,870円
(211,930円)
512GB 115,500円
(248,560円)
1TB 134,360円
(285,420円)
iPhone 15 Pro Max 256GB 106,300円
(230,360円)
512GB 125,045円
(267,100円)
1TB 143,790円
(303,850円)

※価格は新規契約、オンラインショップで購入の場合
※()内は一括購入時の端末価格
参照元:iPhone| 製品情報 | au

最終回分の分割代金(残価)は、端末の定価の約半額の金額が設定されています。

しかし、この支払いのタイミングで端末をauへ返却すると、残りの分割代金の支払いが免除されます。

つまり、13〜25ヶ月目の端末の返却を条件とする代わりに、最新のiPhoneをおよそ半額で2年間利用できるということになります。

ちなみに25ヶ月目以降も継続利用したい場合も、最終回分の分割代金(残価)が再度24回分割された金額を毎月支払っていくことになるので、安心してください。

※参照元:スマホトクするプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

【最大22,000円割引】au Online Shop お得割/5G機種変更 おトク割

au Online Shop お得割
参考・引用元:au Online Shop お得割|au

auでは、オンラインでiPhoneを購入する際に「au Online Shop お得割」が適用可能で、乗り換えであれば最大22,000円、新規申し込みでは最大11,000円の割引が適用されます。

また、機種変更時には、指定のプランや保証への加入条件があるものの、最大5,500円の割引を受けられる「5G機種変更 おトク割」が適用可能です。

適用条件や割引額は新規または乗り換え、契約中の機種変更かによって異なるので以下の表から当てはまるものを確認しておきましょう。

※横にスクロールできます。

キャンペーン名 適用条件 特典額
au Online Shopお得割

au Online Shopで対象機種を購入する

  • 新規契約
  • 他社から乗り換え(UQ mobileおよびpovo2.0から乗りかえ含む)

iPhone 15シリーズの全容量

  • 新規:11,000円割引
  • 乗り換え:22,000円割引
5G機種変更おトク割
  • 機種変更で対象機種を購入する
  • 直近の購入機種を12カ月目以上利用している
  • 対象料金プランに加入・継続

iPhone 15シリーズの全容量

  • 5,500円割引

auでキャンペーンがもっともお得な購入方法はオンラインショップから乗り換えで契約し、iPhone 15シリーズを「au Online Shopお得割」で割引を適用して購入する方法です。

auのサブブランドであるUQモバイルや格安プラン・povoからの乗り換えでも22,000円の割引が受けられるのでお得です。

もちろん、スマホトクするプログラムも併用可能なので、適用することでiPhone 15シリーズを安く買うことができます。

Xロボ 通常

auの最新キャンペーンについては以下の記事でも紹介しているから、あわせて読んでみてね!
auの最新キャンペーン

参照元:au Online Shop お得割 |キャンペーン|au

下取りプログラム

au 下取りプログラム
参考・引用元:iPhone|下取りプログラム |au

auの「下取りプログラム」では、今使っているスマホを下取りに出すことで、端末や状態に応じた下取り額と同等のPontaポイントが還元されます。

auで購入した機種であれば「スマホトクするプログラム」や「かえトクプログラム」を利用する方も多いかとは思いますが、SIMフリーで購入したiPhoneなどをお持ちであれば、下取りに出すことができます。

Xロボ 通常

auで下取りしているiPhoneの一例をまとめたから、買い取り価格の目安として参考にしてね!

※横にスクロールできます。

機種 容量 下取り価格の目安
(通常品判定の場合)
iPhone 13 128GB~ 44,550円~
iPhone 13 mini 128GB~ 34,100円~
iPhone 13 Pro 128GB~ 51,150円~
iPhone 13 Pro Max 128GB~ 55,000円~
iPhone 12 64GB~ 29,700円~
iPhone 12 mini 64GB~ 22,000円~
iPhone 12 Pro 128GB~ 37,400円~
iPhone 12 Pro Max 128GB~ 44,000円~
iPhone 11 64GB~ 12,650円~
iPhone 11 Pro 64GB~ 18,150円~
iPhone 11 Pro Max 64GB~ 20,350円
iPhone X 64GB~ 10,450円
iPhone XS 64GB~ 11,550円~
iPhone SE(第2世代) 64GB~ 10,450円~
iPhone XR 64GB~ 8,250円~

※auで販売した端末の場合
※下取り価格は定期的に変動します
参照元:iPhone | 下取りプログラム | au

また、下取り額が大きく下がりますが、画面割れ等の破損があっても最大20,000円前後の還元を受けられる可能性があります。

気になった方はauの公式サイトで下取り価格をチェックしてみるといいでしょう。

参考・引用元:iPhone | 下取りプログラム | au

ソフトバンクでiPhoneを安く買う方法

SoftBank

ソフトバンクでiPhoneを購入する際は、以下のキャンペーンとプログラムを活用するといいでしょう。

端末購入プログラム 新トクするサポート
iPhone購入時に適用されるキャンペーン 【新登場】オンラインショップ割
下取りプログラム 下取りプログラム

ソフトバンクは24回の分割になるドコモやauと違い、48回払いでiPhoneの端末代金を支払えるなど、安く買う工夫が行われています。

ソフトバンクの端末購入プログラムやキャンペーンをくわしくみていきましょう。

新トクするサポート

新トクするサポートの画像
引用元:新トクするサポート | ソフトバンク

「新トクするサポート」とは、端末を48回払いで購入し、25ヶ月目以降にソフトバンクへ返却することで、残債の支払いが免除されるプログラムです。

つまり、2年目以降の端末の返却を条件とする代わりに、iPhoneをおよそ半額で2年間利用できます。

ソフトバンクの新トクするサポートを利用してiPhone 15シリーズを購入し、25ヶ月目に端末返却した場合の実質支払額をチェックしてみましょう。

iPhone 15 128GB 74,640円
(145,440円)
256GB 85,920円
(166,320円)
512GB 107,160円
(206,640円)
iPhone 15 Plus 128GB 84,000円
(163,440円)
256GB 95,520円
(184,320円)
512GB 117,000円
(224,640円)
iPhone 15 Pro 128GB 96,120円
(185,760円)
256GB 109,200円
(211,680円)
512GB 130,680円
(248,400円)
1TB 150,360円
(285,120円)
iPhone 15 Pro Max 128GB 120,840円
(229,680円)
256GB 140,400円
(266,400円)
512GB 135,480円
(257,040円)
1TB 155,040円
(293,040円)

※価格は税込、新規契約、オンラインショップで購入の場合
※()内は一括購入時の端末価格
参照元:iPhone|ソフトバンク

こちらの仕組みは同じく48回払いで25ヶ月目に端末を返却する楽天モバイルの「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」と仕組みは大きく変わらないと捉えておくとわかりやすいでしょう。

ただし、新トクするサポートでは「1年くりあげオプション」を適用することで、2年以内にプログラムを利用することも可能です。

1年くりあげオプションを適用すれば、13回目以降に24回目まで端末代金を支払うことで、25ヶ月目以降の残債の支払いを免除してもらえます。

※参照元:新トクするサポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

【最大21,984円割引】オンラインショップ割

オンラインショップ割
参考・引用元:オンラインショップ割|ソフトバンク

ソフトバンクではiPhone 15シリーズの購入時に、以下のキャンペーンが利用できます。

キャンペーン名 適用条件 特典額
オンラインショップ割
  • ソフトバンクオンラインショップ経由の申し込み
  • 対象機種を購入する
  • 乗り換えでの購入
iPhone 15シリーズの全容量で購入方法に応じて、21,984円を割引
  • 48回分割で購入:割引額を24回で割った金額を機種代金から毎月割引
  • 24回分割 または 一括で購入:機種代金の総額から割引

ソフトバンクのオンラインショップ経由で他社回線から乗り換えの場合に、iPhone 15シリーズの端末価格から21,984円が割引されます。

また、新トクするサポートとも併用できるので、適用条件に当てはまる方はぜひお得な特典を活用しましょう。

オンラインショップ割

※2023年10月11日まで提供されていた「【オンライン限定】web割」「【オンライン限定】U22 web割」は終了しました。

参照元:【オンライン限定】web割 |スマートフォン・携帯電話 |ソフトバンク

下取りプログラム

【オンライン限定】web割
参考・引用元:下取りプログラム |ソフトバンク

ソフトバンクの「下取りプログラム」では、今使っているスマホを下取りに出すことで、端末や状態に応じた下取り額相当の特典を受けることができます。

ソフトバンクの下取りプログラムで買取を行うiPhoneの一例は、以下のとおりです。

※横にスクロールできます。

機種 容量 下取り価格の目安
(良品判定の場合)
iPhone 14 128GB~ 40,800円
iPhone 14 Plus 128GB~ 44,400円
iPhone 14 Pro 128GB~ 51,600円
iPhone 14 Pro Max 128GB~ 58,800円
iPhone 13 128GB~ 44,400円
iPhone 13 mini 128GB~ 33,600円
iPhone 13 Pro 128GB~ 55,200円
iPhone 13 Pro Max 128GB~ 51,600円
iPhone 12 64GB~ 37,200円
iPhone 12 mini 64GB~ 30,000円
iPhone 12 Pro 128GB~ 48,000円
iPhone 12 Pro Max 128GB~ 51,600円
iPhone 11 64GB~ 19,200円
iPhone 11 Pro 64GB~ 33,600円
iPhone 11 Pro Max 64GB~ 37,200円
iPhone X 64GB~ 12,000円
iPhone XS 64GB~ 19,200円
iPhone SE(第2世代) 64GB~ 12,000円
iPhone XR 64GB~ 15,600円

※ソフトバンクで販売した端末の場合
※下取り額はPayPayポイントでの受取の場合
※下取り価格は定期的に変動します
参照元:下取りプログラム |スマートフォン・携帯電話|ソフトバンク

ソフトバンクでは、下取り査定額を同額のPayPayポイントの還元、もしくは購入機種代金からの割引から選択可能です。

機種代金の割引よりもPayPayポイントでの還元を選択した方が還元額は1,000円前後上がる傾向にあるようです。

ただし、オンラインから申し込む場合はPayPayポイントでの還元しか選択ができないので注意しましょう。

参考・引用元:下取りプログラム |スマートフォン・携帯電話|ソフトバンク

UQモバイルでiPhoneを安く買う方法

UQ mobile

UQモバイルは、auのサブブランドとして展開されている格安SIMです。

全国の店舗で申し込みやサポートを行っているほか、安定かつ高速のau回線を利用できるので、初めて格安SIMに切り替えるという方にもおすすめです。

また、2023年6月よりリニューアルした3つの新プランは、それぞれ異なる特徴を持っており、さまざまなニーズや使い方に対応できます。

iPhone 15シリーズ
UQモバイルのSIMにも対応!

UQモバイルで取り扱いのあるiPhone

▼ UQモバイルで購入可能なiPhone

端末の状態 販売価格
iPhone SE(第3世代) 新品 48,935円~
【New】iPhone 13 新品 92,720円~
iPhone 12 新品/認定中古品 新品:95,355円~
認定中古品:33,440円~
iPhone 12 Pro(au Certified) 認定中古品 53,600円~
iPhone SE(第2世代)(au Certified) 認定中古品 4,800円~

UQモバイルでは、比較的新しいiPhone SE(第3世代)のほか、2世代前のモデルでありながらコスパの高さで人気のiPhone 12も取り扱っています。

またUQモバイルでも「au Certified(認定中古品)」の取り扱いがあるので、中古iPhoneの購入も可能です。

iPhone 15シリーズ
UQモバイルのSIMにも対応!

UQモバイルのプラン

UQモバイルの料金プラン

※横にスクロールできます。

コミコミプラン トクトクプラン ミニミニプラン
データ容量 20GB 1〜15GB 4GB
かけ放題 10分以内の通話かけ放題 - -
月額料金 3,278円 3,465円 2,365円
データ超過時の速度 最大1Mbps 最大300kbps
(A)自宅セット割 - -1,100円
(B)家族セット割 - -550円
(C)au PAYカード支払い割 - -187円
(A)+(C)適用後 - 〜1GB:990円
〜15GB:2,178円
1,078円
(B)+(C)適用後 - 〜1GB:1,540円
〜15GB:2,728円
1,628円
オプション

【24時間かけ放題】
通話放題:1,100円

【増量オプションⅡ】
20GB→25GB:550円

【24時間かけ放題】
通話放題:1,980円
【10分以内かけ放題】
通話放題ライト:880円
【最大月間60分かけ放題】
通話パック(60分/月):550円

【増量オプションⅡ】
トクトクプラン:550円(15GB→20GB)
ミニミニプラン:550円(4GB→6GB)

▼ UQモバイルのプラン概要

支払い方法 クレジットカード:◯
口座振替:◯
デビットカード:×
速度制限 データ量超過以降
ミニミニプラン:最大300Kbps
コミコミ/トクトクプラン:最大1Mbps
通話料 22円/30秒
かけ放題 通話放題ライト(10分以内):+880円/月
通話放題(時間無制限):+1,980円/月
※コミコミプラン利用者のみ+1,100円/月
通話パック(60分/月)(最大月間60分):+550円/月
解約金 なし
事務手数料 3,850円

※参考・引用元:料金|UQ mobile

UQモバイルでは2023年6月1日から、以下の3つの新しいプランがスタートしました。

UQモバイル新プラン
参考・引用元:料金プラン・サービス│UQ mobile

トクトクプランは毎月インターネットの利用量によって請求金額が変動し、インターネット回線との自宅セット割や家族セット割が適用されるます。

割引後は1GBまで月額990円、15GBまでなら月額2,178円から利用できます。

Xロボ 驚き

スマホをたくさん使った月も使わなかった月も、無駄なく利用できるのがトクトクプランだね!

月間4GBまでで十分という方はミニミニプランがおすすめで、自宅セット割や家族セット割も対象なので割引が適用されば月額1,078円で契約できます。

また、コミコミプランは自宅セット割や家族性の対象外ですが、1回10分以内の通話かけ放題と月間20GBのデータ容量がコミで月額3,278円です。

コミコミプランは割引なしで料金が安いので、固定回線とのセットや家族で複数台契約がない方も1人でお得にスマホ代を抑えられます。

iPhone 15シリーズ
UQモバイルのSIMにも対応!

ワイモバイルでiPhoneを安く買う方法

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして、安い料金で契約できる格安SIMです。

格安SIMとはいえ、ソフトバンク光やソフトバンクエアーとのセット割、家族間での割引なども利用できるのでキャリアと同じサービスが受けられるのも魅力です。

Xロボ 驚き

全国にワイモバイルショップも展開しているから、端末を手に取って確かめたりアフターサポートが受けられたりするから安心だね!

iPhone 15シリーズ
ワイモバイルのSIMにも対応!

ワイモバイルで取り扱いのあるiPhone

▼ ワイモバイルで購入可能なiPhone

端末の状態 販売価格
iPhone SE(第3世代) 新品 51,840円~
iPhone 13 新品 115,200円~
iPhone 12 新品/中古品 新品:90,000円~
中古品:45,360円~
iPhone 8(64GB) 中古品 7,800円
iPhone SE(第2世代) 中古品 9,800円~
iPhone XR 中古品 26,400円~

ワイモバイルではオンラインショップからの購入では新品の取り扱いが、iPhone SE(第3世代)とiPhone 12の2機種のみです。

しかし、ワイモバイルショップではなくオンラインショップでのセット購入限定で端末価格から21,600円の割引が適用されます。

ワイモバイルiPhone
参考・引用元:ワイモバイルオンラインストア|Y!mobile

また、オンラインショップ限定でソフトバンクの認定中古品が購入でき、端末購入のみでも4,800円割引、さらに新規契約でのセット購入なら12,200円の割引が適用されます。

ワイモバイル認定中古品
参考・引用元:ソフトバンク 認定中古品 iPhone|Y!mobile

ソフトバンクが初期化やクリーニングを行った安心の中古端末を安く買いたいなら、ワイモバイルがおすすめです。

Xロボ 驚き

ワイモバイルは24回払いや36回払い(中古品は24回払いのみ)の分割でも端末代金が支払えるよ!

ワイモバイルのプラン

ワイモバイルの新プラン(シンプル2)

※横にスクロールできます。

S M L
データ容量 4GB 20GB 30GB
月額料金 2,365円 4,015円 5,115円
データ超過時の速度 ・4〜6GB:
最大300kbps
・6GB以降:
最大128kbps
・20〜30GB:
最大1Mbps
・30GB以降:
最大128kbps
・30〜45GB:
最大1Mbps
・45GB以降:
最大128kbps
(A)おうち割 -1,100円 -1,650円
(B)家族割引 -1,100円
(C)PayPAYカード割 -187円
1GB/月以下の利用時 -1,100円
(A)+(C)適用後 1,078円 〜1GB:1,078円
〜20GB:2,178円
〜1GB:1,078円
〜30GB:3,278円
(B)+(C)適用後 1,078円 〜1GB:1,628円
〜15GB:2,728円
〜1GB:2,728円
〜15GB:3,828円
オプション 【24時間かけ放題】スーパーだれとでも定額+:1,980円
【10分以内かけ放題】だれとでも定額+:880円

※「スーパーだれとでも定額+」「だれとでも定額+」には
以下のオプションが付帯

留守番電話プラス / 割り込み通話 / グループ通話 / 一定額ストップ
支払い方法 クレジットカード:◯
口座振替:◯
デビットカード:◯(VISA/Mastercard/JCB)
速度制限 シンプル S:データ容量超過で最大300Kbpsまで低速化 / 低速状態で2GB以上使用すると最当月中は大128Kbps
シンプル M:データ容量超過で最大1Mbpsまで低速化 / 低速状態で10GB以上使用すると当月中は最大128Kbps
シンプル L:データ容量超過で最大1Mbpsまで低速化 / 低速状態で15GB以上使用すると当月中は最大128Kbps
通話料 22円/30秒
かけ放題 だれとでも定額(10分かけ放題):+880円/月
スーパーだれとでも定額(時間無制限):+1,980円/月
※「留守番電話プラス」「割り込み通話」「グループ通話」「一定額ストップ」がサービスに込み
解約金 なし
初期費用 契約事務手数料:3,850円(オンラインショップでの申込時は無料)

※参考・引用元:シンプル2 S_M_L|料金|Y!mobile |格安SIM・スマホはワイモバイルで

2023年9月までのワイモバイルへ加入した方は、10月以降も現在の「シンプルプラン」を継続可能ですが、これから申し込む場合は「シンプル2」が適用されることになります。

ワイモバイルではデータ容量によって3つのプランに分かれており、各プランで固定回線とのセット割「おうち割 光セット」または「家族割引サービス」の対象です。

Xロボ 驚き

ワイモバイルで「おうち割 光セット」が適用されれば、月額料金が1回線あたり毎月1,650円割引されるよ!

おうち割光セット
参考・引用元:おうち割 光セット(A)|Y!mobile

月間3GBまでのシンプルプランSなら月額1,078円から利用できるので、光回線やホームルーターとあわせて利用したい方や家族でスマホの契約先を統一したい方におすすめです。

iPhone 15シリーズ
ワイモバイルのSIMにも対応!

▲ 目次に戻る

iPhone 14シリーズを安く買う方法

iPhone 14の画像

iPhone 14は、2022年に発売された一世代前の型落ちモデルです。

最近になって後継モデルのiPhone 15シリーズが販売されたことで、Apple storeでは約7,000円〜10,000円前後の値下げが行われました。

そのため、最近のiPhoneの価格が高騰傾向にある中で、コスパ重視で選びたい方にはおすすめのモデルと言えるでしょう。

また、最新のiPhone 15シリーズのカラーラインナップは全体的に薄い色味のパステルカラーが多い傾向にあるので、ビビッドではっきりとした色味の機種を選びたいという方にもおすすめです。

ただし、iPhone 14 Proシリーズを選びたい方は、既にApple Storeでは取扱終了、大手キャリアも今後は在庫分のみの販売となるので、在庫を見つけ次第早めに購入することをおすすめします。

※横にスクロールできます。

容量 楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク Apple Store
iPhone 14 128GB 60,432円
(120,910円)
69,690円
(138.930円)
60,760円
(129,640円)
72,600円
(140,400円)
112,800円
256GB 67,944円
(135,900円)
81,680円
(161,480円)
71,570円
(150,770円)
85,080円
(161,280円)
127,800円
512GB 82,944円
(165,900円)
在庫なし 91,925円
(190,925円)
106,440円
(201,600円)
157,800円
iPhone 14 Plus 128GB 67,944円
(135,900円)
79,220円
(158,180円)
69,730円
(147,490円)
82,440円
(158,400円)
124,800円
256GB 75,432円
(150,900円)
89,520円
(179,520円)
80,770円
(168,850円)
72,600円
(179,280円)
139,800円
512GB 90,432円
(180,900円)
在庫なし

101,355円

(209,355円)

72,600円
(220,320円)
169,800円
iPhone 14 Pro 128GB 75,432円
(150,900円)
87,370円
(174,130円)
78,700円
(164,860円)
90,960円
(175,680円)
販売終了
256GB 82,944円
(165,900円)
99,880円
(198,880円)
91,925円
(190,925円)
104,040円
(201,600円)
販売終了
512GB 97,944円
(195,900円)
在庫なし 110,555円
(227,555円)
125,400円
(238,320円)
販売終了
1TB 112,944円
(225,900円)
在庫なし 129,415円
(264,415円)
145,080円
(275,040円)
販売終了
iPhone 14 Pro Max 128GB 82,944円
(165,900円)
101,890円
(201,850円)
91,925円
(190,925円)
106,200円
(201,600円)
販売終了
256GB 90,432円
(180,900円)
111,250円
(220,330円)
101,355円
(209,355円)
115,920円
(220,320円)
販売終了
512GB 105,432円
(210,900円)
129,990円
(257,070円)
120,100円
(246,100円)
135,480円
(257,040円)
販売終了
1TB 120,432円
(240,900円)
在庫なし 138,845円
(282,845円)
149,040円
(281,520円)
販売終了

※価格は新規契約、オンラインショップで購入の場合
※各キャリアの端末購入プログラム利用時の実質価格
※()内は一括購入時の端末価格
※Apple Storeは分割・一括購入同額

iPhone 14は各キャリアで割引価格で購入でき、2024年2月時点では楽天モバイルでの一括購入、もしくは「買い替え超得プログラム」を利用するのが最安値で購入できます。

■ iPhone 14の基本情報とおすすめできる人

▼ iPhone 14のスペック

サイズ 146.5×71.5×7.80mm
重さ 172g
ディスプレイ 6.1インチ
カメラ画素数 メインカメラ 1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
サブカメラ 1,200万画素(広角)
ストレージ 128GB/256GB/512GB
カラー ブルー/イエロー/ミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED /パープル
CPU A15 Bionic
eSIM
※デュアルeSIMに対応
バッテリー ビデオ再生:20時間

iPhone 14シリーズは最新モデルのiPhone 15と比較すると、本体のサイズ感やモデル構成はほぼ同じなので、より手頃に比較的新しい機種を購入したい方におすすめです。

また、最新モデルは充電端子が従来のLightning端子からUSB-Cへ変更もされているので、今まで使っていたケーブルや周辺機器をそのまま使いたいという方もiPhone 14シリーズを選択するのがいいでしょう。

Xロボ 驚き

カメラ機能を重視したいという人はiPhone 15シリーズを選ぶ方がおすすめだよ!

iPhone 14は型落ちモデルになったとはいえ、それでも一世代前の機種なので、まだまだケースやフィルムなどのアクセサリー類の種類が多く、豊富に選べるという点もポイントです。

また、より大画面で電池持ちも良い「Plusモデル」を選択できる点もポイントです。

iPhone 14の購入がおすすめできるのは以下の当てはまる方なので、ぜひ検討してみてください。

iPhone 14がおすすめの人
  • カメラ性能重視でスマホを選びたい人
  • 今後3年以上長く使い続ける予定の人
  • 最新機種にこだわりがない

▲ 目次に戻る

iPhone 13シリーズを安く買う方法

iPhone 13の画像

iPhone 13は、2021年に発売された2世代前の型落ちモデルです。

後継のiPhone 14、15シリーズが販売されていますが、値下げで最小容量モデルの価格が10万円を切ったことや、最新モデルのiPhoneが全体的に高騰傾向でもあることから、格安SIMで安く利用をしたい方やより手頃に機種を選びたい方に今も人気のモデルです。

また、iPhone 13シリーズの後継モデルにあたる「iPhone 14」と同じチップ(A15 Bionic)を搭載しているので、性能面でも遜色なく使えるという点も魅力です。

※横にスクロールできます。

128GB 256GB 512GB
ドコモ 25,740円
(116,380円)
在庫なし 103,070円
(199,430円)
au 30,562円
(116,495円)
62,830円
(133,870円)
81,460円
(168,700円)
ソフトバンク 42,720円
(138,240円)
22,008円
(139,680円)
22,008円
(163,440円)
楽天モバイル 54,432円
(108,900円)
61,944円
(123,900円)
76,944円
(153,910円)
ワイモバイル 115,200円 131,040円 161,280円
UQモバイル 92,720円
取扱なし

取扱なし
mineo 102,080円
(117,480円)
117,392円
(132,792円)
148,544」円
(163,944円)
HISモバイル 92,000円 取り扱いなし 取り扱いなし
Apple Store 95,800円 110,800円 140,800円

※各キャリアの端末購入プログラム利用時の実質価格
※()内は一括購入時の端末価格

iPhone 13は各キャリアで大幅な割引を行っており、2024年2月時点でドコモの「いつでもカエドキプログラム」を利用すると最安値で購入できます。

iPhone 13 128GBを購入し、いつでもカエドキプログラムで24か月目以降に端末返却すると、実質端末価格は25,740円と安く買うことができます。

■ iPhone 13の基本情報とおすすめできる人

▼ iPhone 13のスペック

サイズ 146.7×71.5×7.65mm
重さ 173g
ディスプレイ 6.1インチ
画素数 メインカメラ 1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
サブカメラ 1,200万画素(広角)
ストレージ 128GB/256GB/512GB
カラー グリーン/ピンク/ブルーミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED
CPU A15 Bionicチップ
eSIM
※デュアルeSIMに対応
バッテリー容量 ビデオ再生:19時間

iPhone 13は最新モデルにこだわりのない方であれば、ぜひともおすすめしたいモデルです。

先述したように、最新モデルとは性能差がほとんどないことに加えて、サイズ感や重量などもほとんど同じです。

Xロボ 驚き

iPhone 13の性能面では最新モデルと変わらないから、コスパは高いと言えるね!

また、発売当時は電池持ちやカメラ性能が大きく改善された機種として人気だったので、ケースやフィルムなどのアクセサリー類の種類が多く、豊富に選べるという点もポイントです。

ただし、兄弟モデルでコンパクトなiPhoneとして人気があった「iPhone 13 mini」は、iPhone 15シリーズ発表のタイミングで販売終了となっています。

発売から2年前後販売されていたモデルなので、しばらくは在庫があるものの、今後大手キャリアでも在庫限りでの販売となる可能性が高いので、「miniシリーズ」を購入したい方は早めの確保をおすすめします。

これらを踏まえてiPhone 13の購入がおすすめできるのは以下の当てはまる方なので、ぜひ検討してみてください。

iPhone 13がおすすめの人
  • 最新モデルと同等の性能の機種を安く購入したい人
  • コスパを最重視で購入したい人
  • コンパクトモデルである「miniシリーズ」が欲しい

オンラインからの申し込み限定で
事務手数料3,000円が無料

iPhone 15シリーズ
ワイモバイルのSIMにも対応!

データ量を気にせず無制限!
通話もできて月額250円〜

▲ 目次に戻る

【速報】ワイモバイル・UQモバイルでiPhone 13の発売がスタート!

ワイモバイル UQモバイル iPhone 13

2023年11月より、これまで大手キャリアと一部の格安SIMのみで販売されていた「iPhone 13」がUQモバイルとワイモバイルでもついに取り扱いを開始しました。

格安SIMのワイモバイルやUQモバイルが気になっている方や、すでに利用されている方の中には、型落ちモデルでも十分に使えるiPhone 13が登場を心待ちにしていたという方も多いのではないでしょうか?

iPhone 13はiPhone 14シリーズと同じ「A15 Bionic」を搭載し、従来モデルよりも電池持ちの面でも大きく改善しています。また、カメラ性能についてもセンサー類の一新や「光学式手ブレ補正」によってより明るくきれいに撮影できるようになっています。

【ワイモバイル】iPhone 13の価格

ワイモバイル iPhone 13
引用元:iPhone 13|Y!mobile

ワイモバイルでは、11月15日よりiPhone 13の発売を開始しています。

容量は128GB・256GB・516GBから選択でき、新品の機種を購入可能です。

またワイモバイルオンラインストアからの申し込みであれば、事務手数料・送料ともに無料になるので、少しでもお得に購入したい方はオンラインストアでの購入がおすすめです。

さらに、オンラインストアでの機種変更限定21,600円割引も適用されるので、ワイモバイルユーザーの方はぜひ購入を検討してみてください。

▼ iPhone 13の販売価格

※横にスクロールできます。

定価 分割代金
24回払い 36回払い
128GB 115,200円 4,800円/月 3,200円/月
256GB 131,040円 5,460円/月 3,640円/月
512GB 161,280円 6,720円/月 4,480円/月

iPhone 15シリーズ
ワイモバイルのSIMにも対応!

【UQモバイル】iPhone 13の価格

UQモバイル iPhone 13
引用元:iPhone 13|UQ mobile

UQモバイルでは、2023年11月22日より「iPhone 13」の取り扱いを開始しています。

今回取り扱う容量は128GBのみですが、今後も長く使えるモデルがお手頃な価格となっているので、気になった方はぜひ検討してみてください。

▼ iPhone 13の販売価格

※横にスクロールできます。

加入プラン コミコミプラン/トクトクプラン
(増量オプションⅡ加入あり)
コミコミプラン/トクトクプラン
(増量オプションⅡ加入なし)
ミニミニプラン
(増量オプションⅡ加入なし/加入あり)
一括価格 92,720円 98,220円
24回払い 3,863円/月
支払い総額:92,720円
4,092円/月
支払い総額:98,220円
36回払い 2,575円/月
支払い総額:92,720円
2,728円/月
支払い総額:98,220円
48回払い 1,963円/月
支払い総額:92,720円
2,046円/月
支払い総額:98,220円

iPhone 15シリーズ
UQモバイルのSIMにも対応!

iPhoneSE(第3世代)を安く買う方法

iPhone SE(第3世代)の画像

iPhone SE(第3世代)は、2022年3月に発売された廉価モデルに位置付けられたiPhoneです。

廉価モデルとはいえ、iPhone 13と同じ高性能の「A15 Bionic」チップが搭載されているほか、指紋認証やコンパクトなサイズ感など、最新のiPhone 15シリーズにもない特徴も兼ね備えています。

iPhone SE(第3世代)は大手4キャリアとApple Store以外にも、ワイモバイルなどのサブキャリアや格安SIMでも販売されています。

各販路でのiPhone SE(第3世代)の販売価格をみてみましょう。

※横にスクロールできます。

64GB 128GB 256GB
ドコモ 37,730円
(73,370円)
42,680円
(82,280円)
53,020円
(104,500円)
au 38,295円
(70,935円)
44,390円
(82,190円)
44,775円
(92,415円)
ソフトバンク 22,008円
(73,440円)
26,784円
(81,360円)
52,560円
(99,360円)
楽天モバイル 31,392円
(62,800円)
34,896円
(69,800円)
42,384円
(84,800円)
ワイモバイル 51,840円
(73,440円)
59,760円
(81,360円)
77,760円
(99,360円)
UQモバイル 48,935円
(70,935円)
60,190円
(82,190円)
81,415円
(103,415円)
mineo 70,224円 77,880円 取扱なし
IIJmio 39,800円~ 取扱なし 取扱なし
Apple Store 62,800円 69,800円 84,800円

※各キャリアの端末購入プログラム利用時の実質価格
※()内は一括購入時の端末価格

iPhone SE(第3世代)は「新トクするサポート」とあわせて大幅割引が受けられるソフトバンクが最安です。

iPhone SE(第3世代)の最小容量(64GB)であれば、実質22,008円から購入できます。

ただし、ソフトバンクで安く買う場合は25ヶ月目に端末を返却しなくてはいけないので、自分のものにしたいという場合はIIJmioなど格安SIMから購入するのがおすすめです。

■ iPhone SE(第3世代)の基本情報とおすすめできる人

▼ iPhone SE(第3世代)のスペック

サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重さ 144g
ディスプレイ 4.7インチ
画素数 メインカメラ 1,200万画素(広角)
サブカメラ 700万画素(広角)
ストレージ 64GB、128GB、256GB
カラー ミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED
CPU A15 Bionicチップ
eSIM
※デュアルeSIMに対応
バッテリー容量 ビデオ再生:15時間

iPhone SE(第3世代)の最大の特徴は、コスパの高さです。

iPhone 14や13シリーズと同等の性能のCPUを搭載していながら、約半額程度の価格で購入できます。

また、現在発売されているシリーズでは唯一ホームボタンを搭載しており、操作性の面でも慣れ親しみやすい作りになっています。

Xロボ 驚き

これから新たにスマホを持つ学生の方やガラケーからスマホに乗り換えようと検討しているシニア世代の方におすすめだよ!

iPhone SE (第3世代)は画面サイズが4.7インチとコンパクトなスマホでもあることから、手に収まるサイズ感の機種を探している方にもぜひ選んでほしいモデルです。

iPhone SE (第3世代)は廉価モデルとはいえ、コスパだけでなくサイズ感や操作性にも特徴を持った機種なので、おすすめできる用途に当てはまった方は積極的に検討してみてください。

iPhone SE(第3世代)がおすすめの人
  • 安さを最重視でiPhoneを購入したい人
  • 初めてiPhoneやスマホを利用するシニアやジュニア世代
  • 片手で操作できる機種が欲しい人

iPhone SE(第3世代)

ご購入はこちら!

オンラインからの申し込み限定で
事務手数料3,000円が無料

iPhone 15シリーズ
ワイモバイルのSIMにも対応!

iPhone 15シリーズ
UQモバイルのSIMにも対応!

データ量を気にせず無制限!
通話もできて月額250円〜

iPhone 12シリーズを安く買う方法

iPhone12_logo

iPhone 12は、2021年2月に発売された2世代前の型落ちのモデルです。

キャリアではソフトバンクしか取り扱っておらず、格安SIMでの販売が多いですがApple Storeでも現行モデルとしてラインアップされているので安く買うなら選択肢に含めたい機種です。

※横にスクロールできます。

64GB 128GB 256GB
ソフトバンク 22,008円
(73,440円)
26,784円
(81,360円)
52,560円
(99,360円)
ワイモバイル 93,600円 101,520円 117,360円
UQモバイル 95,355円 101,920円 取り扱いなし
IIJmio 69,800円~ 79,800円~ 取扱なし
HISモバイル 64,471円 取扱なし 取扱なし
Apple Store 92,800円 99,800円 114,800円

※各キャリアの端末購入プログラム利用時の実質価格
※()内は一括購入時の端末価格

iPhone 12も「新トクするサポート」で大幅に安く買えるソフトバンクがおすすめです。

iPhone 12シリーズの全容量で他社から購入するより実質支払額が安くなるので、少し容量をアップさせて128GBや256GBを選んでもお得です。

また、端末購入プログラムを利用せずにIIJmioやHISモバイルから中古で購入すれば、期間に縛られず同じ端末を使い続けられます。

■ iPhone 12の基本情報とおすすめできる人

▼ iPhone 12のスペック

サイズ 146.7×71.5×7.65mm
重さ 173g
ディスプレイ 6.1インチ
画素数 メインカメラ 1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
サブカメラ 1,200万画素(広角)
ストレージ 128GB/256GB/512GB
カラー グリーン/ピンク/ブルーミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED
CPU A14 Bionicチップ
eSIM
※デュアルeSIMに対応
バッテリー容量 ビデオ再生:19時間

iPhone 12はスペック的にはiPhone 14よりもミニマムで、具体的には以下の点が最新機種と異なります。

▼ iPhone 12の特徴

  • CPUは「A14 Bionic」と2世代前のものを搭載
  • メモリはiPhone 14の6GBに比べて4GBと少ない
  • バッテリー持ちがiPhone 14と比べて最大3時間短い

iPhone 12は最新機種よりスペック的には古くなっているものの、端末価格はiPhone 14やiPhone 13より安いのでスマホを連絡手段として使うことが多い方には、お買い得な機種といえます。

ディスプレイサイズやカメラ性能、Face IDでの顔認証など、機能面では基本的にiPhone 14とほとんど変わりません

バッテリー持ちもiPhone 14に比べて短いとはいえ、最長17時間はビデオ再生ができるなど、一日中使うことができます。

Xロボ 驚き

毎日忘れずに充電する習慣がある人なら、とくに気にならないレベルだよ!

結論として、iPhone 12を選ぶのがおすすめなのは以下の人です。

▼ iPhone 12がおすすめの人
  • 性能よりも安さを重視したい人
  • 型落ちモデルでも気にしない

オンラインからの申し込み限定で
事務手数料3,000円が無料

▲ 目次に戻る

iPhoneを安く買うなら格安SIMもおすすめ!

ぶたの貯金箱

最近ではiPhoneの端末価格が高価であることから、ahamoなどのオンラインプランや格安SIMなどへ乗り換えて、携帯のプラン料金を安く抑えようとする方も増えています。

また、以前はiPhoneを購入するとなると、大手キャリアもしくはApple Storeの2択でしたが、今では格安SIMでもiPhoneの取り扱いが増えており、以前よりも手軽に入手もしやすくなっています。

最新機種にこだわらないなら、格安SIMへの乗り換えとあわせてiPhoneをセット購入するのがおすすめです。

Xロボ 通常

iPhoneのセット購入がおすすめの格安SIMや格安プランを紹介していこう!

iPhoneをセット購入で安く買えるおすすめの格安SIM
  • mineo
  • IIJmio
  • ahamo
  • HISモバイル

おすすめの格安SIM・格安プランの月額料金や取り扱い機種もくわしく解説するので、iPhoneを安く買うためにぜひご覧ください。

mineo

mineo

mineoは関西電力系列の株式会社オプテージが提供する、ドコモ・au・ソフトバンク回線の大手3キャリア全ての回線に対応した格安SIMです。

5GやeSIM対応などの充実したサービスに加えて、「マイネ王」や「パケットタンク」などの独自サービスも利用できることから、高い利用満足度を誇る格安SIMとしても知られています。

データ量を気にせず無制限!
通話もできて月額250円〜

mineoで取り扱いのあるiPhone

▼ mineoで購入可能なiPhone

端末の状態 販売価格
iPhone SE(第3世代) 新品 70,224円~
iPhone 13 新品 117,480円~
iPhone 12 mini 新品 77,880円~
iPhone SE(第2世代) 新品 48,312円~

mineoでは新品端末のみ取り扱っているので、予算や好みにあわせて選ぶといいでしょう。

2世代前のiPhone 13シリーズやまだまだ人気のiPhone SE(第3世代)も取り扱っています。

端末代金を安く抑えたい人にはiPhone SE(第2世代)が50,000円以下で手に入るので、ぜひスペックなどをチェックしてみましょう。

Xロボ 驚き

mineoでは一括払いだけでなく、24回払いや36回払いも選べるよ!

mineoのプラン

▼ マイピタ

音声通話+データ通信
(デュアルタイプ)
データ通信のみ
(シングルタイプ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円
パケット放題 Plus +385円
※10GB以上のコースを選択している場合は無料

▼ マイそく(低速無制限プラン)

音声通話+データ通信
(デュアルタイプ)
データ通信のみ
(シングルタイプ)
スーパーライト
(最大32kbps)
250円
ライト
(最大300kbps)
660円
スタンダード
(最大1.5Mbps)
990円
プレミアム
(最大3Mbps)
2,200円
データ使い放題
(24時間)
330円/回

※月曜~金曜の12〜13時のみ、最大32kbpsに速度を制限
※3日間で10GB以上利用時に混雑回避のための速度制限が適用

支払い方法 クレジットカード:◯
口座振替:△(eo光利用者のみ)
デビットカード:×
速度制限 マイピタ:データ容量超過で最大200Kbpsまで低速化 / 翌月解消
マイそく:平日の12時台は最大32Kbps、3日間で10GB以上利用時に制限
通話料 22円/30秒
かけ放題 10分かけ放題:+550円/月
時間無制限かけ放題(時間無制限):+1,210円/月
解約金 なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード/eSIM発行料:440円

※参考・引用元:料金表(基本)|mineo

mineoのプランは、毎月決まったデータ量を高速通信で利用できる「マイピタ」、最大3Mbps程度まで速度が抑えられる代わりに、毎月無制限で利用できる「マイそく」の大きく分けて2種類に分けられます。

どちらを選ぶかは、格安SIMで何を重視するかで変わってきます。

通信速度を重視するのであれば、固定のデータ量が高速で利用できる「マイピタ」がおすすめです。

マイピタ
参考・引用元:料金表(基本)|mineo

万が一データが余ってしまっても翌月までであれば繰り越しにも対応しています。

一方で、通信できるデータ量を多く求める方は、低速でも問題なければ「マイそく」がおすすめです。

マイそく
参考・引用元:料金表(基本)|mineo

ただし、平日の12〜13時台は最大速度が32kbpsに制限されてしまう点と、3日間で10GB以上通信すると速度制限がかかる可能性があるので注意しましょう。

データ量を気にせず無制限!
通話もできて月額250円〜

▲ 目次に戻る

IIJmio

IIJmio_logo2

IIJmioはドコモとauから希望する回線を選べる格安SIMです。

データ容量は2GBの小容量から20GBまで幅広く、データ専用SIMやeSIMなど選択肢が多いのもポイントです。

iPhoneの新品はありませんが、中古品を大幅割引で販売しているので安く買うならおすすめです。

IIJmioで取り扱いのあるiPhone

▼ IIJmioで購入可能なiPhone

端末の状態 販売価格
iPhone SE(第3世代) 中古品 39,800円~
iPhone 12(64GB/128GB) 中古品 69,800円~
iPhone 12 mini(64GB/128GB) 中古品 39,800円~
iPhone 11(64GB) 中古品 34,800円~
iPhone 8(64GB) 中古品 2,780円
iPhone SE(第2世代)(64GB) 中古品 8,980円~

※価格は「ギガプランMNP限定特価」適用後の価格

IIJmioは中古端末を豊富に取り扱っており、「目立つ傷がない美品」や「未使用品」が購入できるので見た目や使用感が気になる方も安心できます。

IIJmioでは端末のみの購入も可能ですが、MNP乗り換えでセット購入すると最大18,000円の端末割引が受けられます。

IIJmioMNP限定特価
参考・引用元:SIMフリースマートフォン端末ラインアップ|IIJmio

格安SIMへの乗り換えでなおかつ中古端末を安く手に入れたい方は、IIJmioからの申し込みをぜひ検討しましょう。

Xロボ 驚き

IIJmioでは一括払いだけでなく、24回払いでも購入できるよ!

IIJmioのプラン

▼ ギガプラン

※横にスクロールできます。

音声通話+データ通信 SMS+データ通信 データ通信のみ
(SIMカード/ドコモ回線のみ)
データ通信のみ
(eSIM/ドコモ回線のみ)
2GB 850円 820円 740円 440円
5GB 990円 970円 900円 660円
10GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円
支払い方法 クレジットカード:◯
口座振替:✕
デビットカード:×
速度制限 データ容量超過で最大300Kbpsまで低速化 / 翌月解消
通話料 11円/30秒
かけ放題 5分かけ放題:+500円/月
10分かけ放題:+700円/月
みおふぉんダイヤルかけ放題(時間無制限):+1,400円/月
解約金 なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433.4円(タイプD)、446.6円(タイプA)

※参考・引用元:料金表| 格安SIM|格安スマホのIIJmio

IIJmioは音声通話SIM以外にもデータ通信専用やSMSとデータ通信のみのプランも用意されています。

Xロボ 通常

必要に応じて無駄のないようプランを選べば、毎月の支払いも安く抑えられるよ!

お得に乗り換えやiPhoneの購入をしたい方は、ぜひIIJmioの公式サイトを確認してみてください。

▲ 目次に戻る

ahamo

ahamo_logo2

ahamoはオンライン限定で契約できるドコモの格安プランです。

月間20GB~100GBの大容量プランを安く利用したい方におすすめの契約先です。

標準で5分かけ放題がプラン料金に含まれているので、シンプルかつ使い勝手がいいのも大きなメリットです。

5分以内かけ放題込み
20GB使えて月額2,970円

ahamoで取り扱いのあるiPhone

ahamoはドコモの格安プランですが、端末のセット購入はできません。

ahamoをオンラインの専用サイトから申し込んだ後、ドコモオンラインショップから端末を購入する必要があります。

Xロボ 驚き

ドコモオンラインショップでは以下の端末が購入できるよ!

▼ ドコモオンラインショップで購入可能なiPhone

端末の状態 実質価格
iPhone 14 新品 69,690円~
iPhone 14 Plus 新品 79,220円~
iPhone 14 Pro 新品 87,370円~
iPhone 14 Pro Max 新品 101,890円~
iPhone SE(第3世代) 新品 37,730円~
iPhone 13 新品 25,740円~
iPhone 13 mini 新品 36,630円~
iPhone 13 Pro 新品 89,650円~
iPhone 13 Pro Max 新品 102,190円~

※価格はいつでもカエドキプログラム適用時

ahamoがおすすめできる理由としてスマホ代を安くしつつ、ドコモの端末購入プログラムの「いつでもカエドキプログラム」も利用できます。

格安SIMではキャリアのような端末購入プログラムはありませんが、ahamoならドコモの格安プランとしてサービスが適用されるので24回の分割払い以降に端末を返却すれば半額近い金額で最新機種を手に入れられます。

5分以内かけ放題込み
20GB使えて月額2,970円

ahamoのプラン

音声通話+データ通信
20GB 2,970円
100GB
(大盛りオプション)
4,950円
支払い方法 クレジットカード:◯
口座振替:◯
デビットカード:◯
速度制限 データ容量超過で最大1Mbpsまで低速化 / 翌月解消
通話料 22円/30秒
※5分以内は通話無料
かけ放題 5分かけ放題:+0円/月
かけ放題オプション(時間無制限):+1,100円/月
解約金 なし
初期費用 契約事務手数料:0円

※参考・引用元:料金・データ量|ahamo

ahamoは基本的に月間20GBと5分かけ放題がセットになった月額2,970円のワンプランのみですが、大盛りオプション(月額1,980円)をつけると月間100GBまで月額4,950円で利用できます。

もし月間データ容量を使いきってしまっても、月末まで最大1Mbpsで使い放題になるので標準画質での動画再生やSNSなどは問題なく利用できます。

Xロボ 驚き

iPhoneで動画やゲームをたっぷり楽しみたい人にもおすすめだよ!

5分以内かけ放題込み
20GB使えて月額2,970円

▲ 目次に戻る

HISモバイル

his_logo2

旅行会社大手のH.I.Sが運営する格安SIMがHISモバイルです。

音声通話ありのプランでも3GBで月額770円と、格安SIMの中でとくに安い料金でスマホを使えるのが特徴です。

HISモバイルは中古端末のラインアップが多いので、欲しい型落ちモデルがあるという方にもおすすめできます。

自由自在プラン登場!
音声通話込みで290円/月〜

HISモバイルで取り扱いのあるiPhone

HISモバイルで購入可能なiPhone 端末の状態 販売価格
iPhone 13(128GB) 中古品 92,000円
iPhone 13 mini(128GB) 中古品 83,120円
iPhone 13 Pro(128GB) 中古品 127,560円
iPhone 13 Pro Max (128GB) 中古品 130,890円
iPhone 12(64GB) 中古品 64,471円
iPhone 12 mini(64GB) 中古品 51,530円
iPhone 12 Pro(128GB) 中古品 89,180円
iPhone 12 Pro Max (128GB) 中古品 106,830円
iPhone 11(64GB) 中古品 45,647円
iPhone 11 Pro(64GB) 中古品 55,340円
iPhone 11 Pro Max (64GB) 中古品 72,000円
iPhone XS(64GB) 中古品 42,120円
iPhone XS Max(64GB) 中古品 42,540円
iPhone XR(64GB) 中古品 32,706円~
iPhone X(64GB) 中古品 32,000円
iPhone SE(第2世代)(64GB) 中古品 21,020円~

HISモバイルではiPhone 13シリーズから2016年9月発売のiPhone7まで、幅広い機種を用意しています。

端末価格は劣化や汚れ具合の基準に応じて中古A~Cまでのランク付けが行われ、比較的美品の中古Aがもっとも高いです。

Xロボ 驚き

端末価格を取るか状態の良さを取るか、重視したいポイントで選ぼう!

ただし、HISモバイルは端末代金の分割払いに対応しておらず、一括払いのみであることも覚えておきましょう。

HISモバイルのプラン

※横にスクロールできます。

音声通話+データ通信 SMS+データ通信 データ通信のみ
1GB 550円 490円 440円
3GB 770円 630円 580円
7GB 990円 930円 880円
20GB 2,190円
※5分かけ放題付
1,980円
50GB 5,990円
※5分かけ放題付
4,980円
支払い方法 クレジットカード:◯
口座振替:✕
デビットカード:×
速度制限 データ容量超過で最大200Kbpsまで低速化 / 翌月解消
通話料 11円/30秒
かけ放題 5分かけ放題:+500円/月
※自由自在プラン20GB・50GBは0円
完全かけ放題(時間無制限):+1,480円/月
解約金 なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円

※参考・引用元:格安SIM・SIMカード一覧|格安SIM(スマホ)ならHISモバイル

HISモバイルの自由自在プランは1GBで契約した場合、もしインターネットをほぼ使わず100MB以下でおさまった場合は月額290円で利用できます。

インターネットも通話もある程度したい場合は自由自在プランの20GB以上のデータ容量で契約すると、5分のかけ放題が無料でついてきます。

Xロボ 通常

通話メインで契約したい方にはとくにおすすめの格安SIMだよ!

自由自在プラン登場!
音声通話込みで290円/月〜

▲ 目次に戻る

iPhoneを安く買おうとした際によくある質問

iPhoneを安く買いたいとお考えの方から多く寄せられる質問をまとめました。

iPhoneを安く買おうとした際に気になる質問
  • iPhoneの最新機種を1番安く買うならどこがおすすめ?
  • 今買うのを避けるべきiPhoneは?
  • iPhoneを安く買う相場は?
  • 1円で購入できるiPhoneはある?
  • iPhoneは型落ち・中古モデルでも問題ない?
  • 購入したiPhoneは全機種でSIMロック解除が必要?
Xロボ 驚き

iPhoneを安く買うためにぜひ参考にしてね!

iPhoneの最新機種を1番安く買うならどこがおすすめ?

最新機種のiPhone 15シリーズを大手キャリアから購入するのであれば、分割払いにして「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用すれば楽天モバイルが最安値で購入できます。

また、一括払いで購入するのであればAppleStoreを利用すると安く買うことができます。

くわしくは、記事内の「iPhone 15シリーズを1番安く買う方法」の項目で解説しているのでぜひ比較してみてください。

今買うのを避けるべきiPhoneは?

iPhoneを安く買うのであれば、型落ち機種や中古端末を購入するのも一つの方法ですが、今購入するののをおすすめできないモデルもあります。

具体的に述べると、アップデートのサポートが終了する予定のモデルのことを指します。

Appleは2023年秋に新しいOS「iOS 17」をリリースしており、対応している機種はアップデートが可能です。

Xロボ 通常

iOS17では連絡先ポスターやName Drop、ジャーナルアプリなど、iPhoneがもっと便利に楽しくなる機能が搭載される予定だよ!

ただし、今回の新OSのアップデートはiPhone X・iPhone 8・iPhone 8 Plusの3機種が未対応です。

また、前回のOSアップデート「iOS16」ですでに未対応になったiPhone7以降のモデルやiPhone SE(第1世代)とあわせて、購入は避けたほうがいいでしょう。

参照元:iOS 17でiPhoneがよりパーソナルで直感的に|Apple (日本)

iPhoneを安く買う相場は?

iPhoneの費用相場イメージ画像

2022年7月にAppleでは円安などの影響により、iPhoneシリーズ全モデルで値上げを実施しました。

結果的に、販売中の現行機種はいずれも約1万円以上価格が上がっているため、過去の価格と比較するとどうしても割高に感じてしまうでしょう。

現在のiPhoneがどれくらいの価格で購入できるのか、相場を「新品」「型落ち品」「中古品」「認定整備済製品」に分けてまとめたので、参考にしてみてください。

▼ iPhoneシリーズの価格相場
モデル 費用相場
新品 iPhone 15/15 Plus 124,800円〜184,800円
iPhone 15 Pro/15 Pro Max 159,800円~249,800円
iPhone SE(第3世代) 48,935円~103,415円
型落ち品
(旧モデル)
iPhone 14/14 Plus 112,800円〜169,800円
iPhone 14 Pro/14 Pro Max 149,800円~293,845円
iPhone 13 95,800円〜179,700円
中古品 iPhone 14/14 Plus 97,800円〜154,800円
iPhone SE(第3世代) 33,800円〜59,800円
iPhone 13/13 mini 67,800円〜119,800円
iPhone 13 Pro/13 Pro Max 107,800円〜219,800円
iPhone 12/12 mini 40,800円〜99,800円
iPhone 12 Pro/12 Pro Max 72,800円〜129,800円
iPhone SE(第2世代) 18,800円〜32,800円
iPhone 11シリーズ 37,800円〜89,800円
iPhone XSシリーズ 23,800円〜57,800円
iPhone XR 21,800円〜36,800円
認定整備済中古品 iPhone 12/12 mini 55,000円~110,000円
iPhone 12 Pro/12 Pro Max 75,600円〜154,000円
iPhone SE(第2世代) 38,500円~52,800円
iPhone 11シリーズ 47,800円~100,100円
iPhone XSシリーズ 41,280円~71,500円
iPhone XR 31,200円~48,400円

※価格参照サイト:ドコモauソフトバンクAppleイオシス

値上げされたとはいえ、型落ちのiPhoneを選べば、十分お得に購入できることがわかります。

また、中古機種やキャリアの認定整備済中古品を選ぶことで、約30,000円からとかなり安くiPhoneが手に入ります

1円で購入できるiPhoneはある?

iPhoneの購入を検討している方の中には、家電量販店などで実施されている端末代が1円になるキャンペーンを期待している人も多いかもしれません。

しかし、2023年末に総務省で携帯料金の割引のルールが改定されたことで、これまで「1円スマホ」として販売されていた多くの機種が1円で購入できなくなりました

特にAndroidスマホと比べても端末価格が高価なiPhoneでは、割引の上限のルールが厳しくなったこと、2024年現在では実質1円で購入することはほぼ行われていない状況となっています。

iPhoneは型落ち・中古モデルでも問題ない?

iPhone 12と14の比較
引用元:iPhone - モデルを比較する|Apple

今まで最新モデルを選んできた方の中には、型落ちの旧モデルのイメージには「問題なく使えるの?」と疑問や不安を感じる方もいるでしょう。

結論、旧モデルのiPhoneを選んでも問題なく利用可能です。問題なく利用できる理由を以下で詳しく見ていきましょう。

なお、これから型落ちモデルの機種を選ぶのであれば「iPhone 12/13シリーズ」を選ぶのがコスパや性能面を総合的に見ておすすめです。

型落ち・中古のiPhoneでも問題なく利用できる理由
  1. 日常用途では性能差を感じにくい
  2. iPhoneのサポート期間が長い

理由1:日常用途では性能差を感じにくい

2024年現在、Apple公式のラインナップで発売されている中で最も古い機種は、2021年発売の「iPhone 13」です。

約3年前の機種と聞くと機能面や性能面で劣るイメージを持つ方がいるかもしれませんが、iPhoneシリーズはその年に発売されるAndroid端末などと比べると、ほぼ最高スペックの性能を搭載したものが発売されています。

Xロボ 通常

つまり、ある程度の期間が経っていても基本的な性能は高いといえるよ!

インターネット検索やSNSの閲覧、軽い動画視聴といったほとんどの用途がメインであれば、旧モデルであっても十分快適に利用できます

実際に最新の「iPhone 15」と「iPhone 13」との性能や機能面でのスペックを比較してみましょう。

iPhone 13
(2021年発売)
iPhone 15
(2023年発売)
ディスプレイサイズ 6.1インチ 6.1インチ
CPU A15 Bionic A16 Bionic
5G対応
eSIM対応
※デュアルeSIMにも対応

※デュアルeSIMにも対応
カメラ デュアルカメラシステム
広角・超広角
デュアルカメラシステム
広角・超広角
バッテリー持ち 最大19時間のビデオ再生 最大20時間のビデオ再生
機能 センサーシフト光学式手ぶれ補正
ナイトモード
センサーシフト光学式手ぶれ補正
アクションモード
最大2倍の光学ズーム

電池持ちや機能面での充実度については、やはり後から発売された最新機種の方が優れています

しかし、約2年前に発売された「iPhone 13」であっても、CPUについては実質1世代しか変わらず、カメラレンズの構成についても最新モデルと同じ仕様となっています。

このように、数年前に発売された型落ちモデルと最新のiPhone 15のスペックを見比べても、性能面や機能面では大きな差はないことがわかります。

理由2:iPhoneのサポート期間が長い

iPhoneは昨年の値上げ以前からも非常に高価なスマホであったため、一度購入したら長く使い続けたいと考えている方も多いでしょう。

Xロボ 驚き

OSアップデートなどのサポート期間が長いことも、iPhoneが多くの人に支持されている理由になっているよ!

実際、2023年秋にリリースされた最新OS「iOS 17」では、約5年前に発売された「iPhone XR」「iPhone XS」(ともに2018年9月12日発売)もアップデート対象になっており、古い機種であっても問題なく動作さえすれば今でも使い続けることが可能です。

このように、発売から2年以上経過した型落ち機種であっても、今後数年間のアップデートが期待できるため、型落ちモデルサポートが終わるタイミングで使い続けるという方法でも問題なく利用できるでしょう。

また、3年以上の長期にわたって使い続けるという方であれば、多少値段は高くても最新機種をあえて購入することで、長く快適に利用し続けられるという方法も選択肢としてみてもいいかもしれません。

購入したiPhoneは全機種でSIMロック解除が必要?

過去にドコモやau、ソフトバンクで2021年頃まで販売されていたスマホには、同一キャリアの回線しか利用できないいわゆる「SIMロック」というものがかかっていました。

たとえば、ドコモで購入したiPhoneをドコモ回線の格安SIMで利用するような場合であれば問題ありませんが、au回線の格安SIMなどに乗り換える際は、別途SIMロック解除の手続きが必要でした。

Xロボ 困る

乗りかえ前に購入したキャリアで端末のSIMロック解除の手続きをしなくてはいけないから、手間がかかったんだ!

しかし、2021年10月以降に発売する機種は、SIMロックをかけることが原則禁止されたため、現在はiPhone 13シリーズ以降の機種については、どのキャリアで購入してもすべてSIMフリーとなっています。

ただし、中古で過去の機種を購入すると、SIMロック解除が必要な場合もあるため注意が必要です。

▲ 目次に戻る

まとめ

4キャリアのロゴ画像

iPhoneを安く買うために、機種ごとに最安値で購入できる契約先やチェックしておきたいポイントを解説しました。

最新のiPhone 15シリーズなどを分割払いで安く買う際は、キャリアから端末購入プログラムと割引キャンペーンを利用するのがおすすめです。

※横にスクロールできます。

端末購入プログラム キャンペーン 下取りプログラム
楽天モバイル 楽天モバイル買い替え超トクプログラム
  • iPhoneトク得乗り換え
スマホ下取りサービス
ドコモ いつでもカエドキプログラム
いつでもカエドキプログラム+
  • 5G WELCOME割
下取りプログラム
au スマホトクするプログラム
  • au Online Shop お得割
  • 5G機種変更おトク割
下取りプログラム
ソフトバンク 新トクするサポート
  • オンラインショップ割
下取りプログラム

また、あえて型落ち品や中古品を購入するなど工夫をすることで、十分iPhoneをお得に手に入れることが可能です。

Xロボ 驚き

iPhoneを安く買うために知っておきたいポイントも以下のとおり紹介したよ!

iPhoneを安く買う8つのポイント

iPhoneの購入を検討している人は、今回の記事を参考にしながら、できる限りお得な方法で希望の機種を手に入れてみてください!

すべてのプランで
5分以内の通話が無料!

Xmobile シン・プラン

月間1GB〜20GBの容量の中から
自分にピッタリなプランが選べる!

また最大50GBの大容量プランにも対応!

さらに余ったデータの繰り越しも可能で安心!

プロフィール
執筆者
YG

携帯販売代理店での営業を経験した後、Webライターとして格安SIMやスマホ・iPhoneなどの通信ジャンルやガジェットレビューを専門としたライティングを5年以上行っています。
日々のスマホの活用がより快適に、そして料金の節約にもつながるような情報を発信しています。

YGをフォローする
編集者
ニックネーム

X-mobile編集部
格安SIM担当:ピッコロ

スマホ・格安SIM・iPhoneジャンルを担当。
携帯ショップやコールセンターで働いていた経歴も活かして、複雑で難しいイメージのある携帯料金を「丁寧・わかりやすい」と思ってもらえるような記事作り、解説を心がけています。
メイン回線でahamo、サブ回線は楽天モバイルの二刀流で利用中。

iPhone
YGをフォローする
エックスモバイル通信​
タイトルとURLをコピーしました