WiFiおすすめランキング!工事不要の自宅用ルーターは一人暮らしにもぴったり【2月版】

インターネット・WiFi おすすめ インターネット・WiFi

エックスモバイル通信ではアフィリエイト広告を掲載しており、ページ内で紹介したサービス・商品を申し込むと収益が発生し一部が当サイトに支払われる場合があります。

Xロボ 困る

自宅で使う用のWiFiを選びたいけど、どれがいいんだろう?料金の相場も、どれが本当におすすめかもわからない!

と、お困りではありませんか?

自宅で使えるWiFiなら、インターネット回線の中で最も通信速度が速く安定した、光回線がおすすめです。

ただし開通工事が必要になるので、工事不要WiFiを求めているなら、求めているなら、ホームルーターを選びましょう。

ホームルーターは、工事不要WiFiの中でも速度が速く、安定性があり、一人暮らしWiFiとしても人気です。

もし外出先にも持っていきたいなら、持ち運びできるほどコンパクトサイズなWiFiルーターのポケット型WiFi一択となります。

このように、おすすめのWiFiはユーザーによって異なります。そこで本記事では、WiFi選びに失敗しないためのノウハウを徹底解説!

おすすめWiFiもランキングで紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

いまオススメのWiFiはこれだ!

broad wimax

ホーム5G

監修者
小川正人(写真)

QUANTA代表。新聞社、推薦の通信サービスに精通したコンサルタント。光回線をはじめ、モバイルWiFiやスマホ、格安SIMなどのモバイルサービス、通信の専門家。以前、大手家電量販店で販売員を行っていた経験があり、通信サービスの料金体系の複雑さを実感。その思いから「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」とlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。光回線を3社、スマホキャリア、格安SIMを12社同時に契約し通信の実態も経験。2019年度バリューコマースMVPを受賞。

監修者について(マイベストプロ)

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。
※ 価格の記載がある情報についてはすべて税込表記です。

  1. 自宅用のWiFiは3タイプ!速度や料金を比較
    1. 1000名にアンケート!いちばん人気の自宅用のWiFiはこれだ
  2. 自宅用の最強WiFi「光回線」はファミリーにおすすめ
    1. 光回線のWiFiを使うまでの流れ
    2. 光回線のメリット
    3. 光回線のデメリット
    4. こんな人は光回線がおすすめ
  3. 自宅用の工事不要WiFi「ホームルーター」は一人暮らしやアパート・マンションにおすすめ
    1. ホームルーターを開通させるまでの流れ
    2. ホームルーターのメリット
    3. ホームルーターのデメリット
    4. こんな人はホームルーターがおすすめ
    5. こんな人はホームルーターはおすすめできない
  4. 自宅以外でもWiFiを使いたいなら「ポケット型WiFi」がおすすめ
    1. ポケット型WiFiを開通させるまでの流れ
    2. ポケット型WiFiのメリット
    3. ポケット型WiFiのデメリット
    4. こんな人はポケット型WiFiがおすすめ
    5. こんな人はポケット型WiFiはおすすめできない
  5. WiFiプランを選ぶ前によくある質問をチェック
    1. Q.一人暮らしにWiFiは必要?
    2. Q.WiFiの月額料金の相場は?
    3. Q.データ通信量(ギガ)の目安は?
    4. Q.通信速度はどれくらい必要?
  6. あなたのWiFiはコレがおすすめ!プランの選び方を紹介
    1. WiFi選びのポイント①自宅ではどんなWiFiが使えるのか?
    2. WiFi選びのポイント②どこでWiFiを使うのか?
    3. WiFi選びのポイント③予定している契約期間はどれくらい?
    4. WiFi選びのポイント④どれくらいのデータ量・通信速度が欲しいのか?
  7. 光回線おすすめランキング5社
    1. [1位]エキサイトMEC光
    2. [2位]ドコモ光
    3. [3位]auひかり
    4. [4位]NURO光
    5. [5位]楽天ひかり
  8. ホームルーターおすすめランキング5社
    1. [1位タイ]ソフトバンクエアー
    2. [1位タイ]モバレコエアー
    3. [3位]ドコモ home 5G
    4. [4位]GMOとくとくBB WiMAX
    5. [5位]Broad WiMAX
  9. ポケット型WiFiおすすめランキング5社
    1. [1位]楽天のポケット型WiFi(Rakuten WiFi Pocket)
    2. [2位]Chat WiFi
    3. [3位]MONSTER MOBILE
    4. [4位]ZEUS WiFi
    5. [5位]AiR-WiFi
  10. ホームルーターとポケット型WiFiのセットプラン「革命セット」もおすすめ
  11. 工事不要WiFiはお試しサービスをしている場合がある
    1. WiMAXならUQ WiMAXの「Try WiMAX」がおすすめ
    2. Try WiMAXの注意点
    3. そのほかWiFiならレンタルする
  12. 光回線についてもっと詳しく解説
    1. 光回線にも2タイプある
    2. 光回線をアパート・マンションで開通させる方法
  13. WiFiのおすすめ探しによくある質問
    1. Q.WiFiのメリット・デメリットについて知りたい
    2. Q.WiFiがあればYouTubeは無料ですか?
    3. Q.自宅のWiFiおすすめランキングは?
    4. Q.工事不要WiFiのおすすめは?
    5. Q.どのWiFiが繋がりやすい?
    6. Q.引越しする場合、自宅用のWiFiはどうしたらいい?
  14. まとめ

自宅用のWiFiは3タイプ!速度や料金を比較

WiFiルーターの端末タイプ
  • 光回線
  • ホームルーター
  • ポケット型WiFi
WiFi 光回線
料金相場 一戸建て:6,000円
集合住宅:4,500円
平均実測値 369.3Mbps
通信の安定性
最も安定
開通工事
必要
持ち運び
不可
海外通信
不可

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載。

WiFi ホームルーター
料金相場 4,000円
平均実測値 154.8Mbps
通信の安定性
まれに不安定
開通工事
不要
持ち運び
WiMAXのみ可能
海外通信
不可

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載。

WiFi ポケット型WiFi
料金相場 3,000円
平均実測値 80.3Mbps
通信の安定性
不安定
開通工事
不要
持ち運び
可能
海外通信
サービスによって可能

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載。

WiFiは「光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFi」の3タイプに分けられます。それぞれのWiFiには、得意なことと、不得意なことがあります。

通信速度の速さと安定性では、光回線がトップです。同時接続しても速度低下が起こりにくく、完全無制限で使えるので、ファミリー用のWiFiとしておすすめです。

おすすめ光回線を見る >

ただし、光回線は開通工事が必要で、月額料金も高めです。

そのため、アパート・マンションにお住まいの方や、一人暮らしの方にはホームルーターがおすすめです。

ホームルーターはコンセントにさすだけの工事不要WiFiで、無制限プランも主流になってきています。

おすすめホームルーターを見る >

光回線とホームルーターは、どちらも自宅用のWiFiのため、持ち運びはできません。

自宅以外でもWiFiを使いたいなら、充電式ルーターのポケット型WiFiがおすすめです。

通信速度や安定性は劣りますが、月額料金は安め。持ち運びでき、サービスによっては海外に持っていくこともできます。

おすすめポケット型WiFiを見る >

1000名にアンケート!いちばん人気の自宅用のWiFiはこれだ

自宅で使うWiFiのアンケート調査
1000名を対象にしたWiFiアンケート調査
WiFi 人数 パーセント
光回線 646名 64.6%
ホームルーター 185名 18.5%
ポケット型WiFi 33名 3.3%
その他 136名 13.6%
アンケート調査の方法
アンケート調査 Freeasy
調査時期 2023年6月
対象人数 1000名
アンケート内容

自宅で使っているWiFi(インターネット回線)は?

  • 光回線
  • ホームルーター
  • ポケット型WiFi
  • あてはまるものはない
アンケート引用元 モバレコ

1000名を対象に自宅で使っているWiFi(インターネット回線)のアンケート調査を行いました。

人気の自宅用のWiFiは[1位]光回線[2位]ホームルーター[3位]ポケット型WiFiであることがわかりました。

Xロボ 通常

その他を選ばれた方は、「スマホのデータ通信だけ」「スマホのテザリングを使ってWiFi接続している」といった結果だったよ。

自宅用の最強WiFi「光回線」はファミリーにおすすめ

光回線の画像

光回線でできること

※縦にスクロールできます。

インターネットの利用目的 サイト・アプリの一例 最適度
テキスト送受信 LINE
調べもの Yahoo!ニュース
天気予報
通話 Discord
Skype
ビデオ通話 ZOOM
SNSの閲覧
SNSの投稿
Instagram
Twitter
動画の視聴 Netflix
U-NEXT
動画の投稿 You Tube
ニコニコ動画
ライブ配信 You Tube
ニコニコ動画
ネットショッピング Amazon
楽天市場
ゲーム Apex
DbD

参考:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネットの利用目的

ここでは、WiFiの3タイプのうち「光回線」について解説します。

クリックで解説までスクロールします。

光回線のWiFiを使うまでの流れ

光回線でWiFiを使う仕組み
  1. 回線業者・プロバイダを選ぶ
  2. 回線事業者・プロバイダに申し込む
  3. 電話で申込内容の確認をする
  4. 開通工事を行う
  5. 機器の設定を行う

光回線は光ファイバーケーブルを使って通信するインターネット回線です。

光回線を使うには、光ケーブルなど設備そのものを提供する「回線事業者」と、設備を使ってインターネットが繋がるように管理する「プロバイダ」に申し込む必要があります。

Xロボ 通常

でも、それぞれ申し込むのは面倒!ということで、

最近は回線事業者とプロバイダがセットで申し込める光回線がほとんどだよ。

申し込みが完了したら、光回線のカスタマーから連絡が来ます。

申込内容の確認をし、開通工事について案内を受けます。開通工事を行う日程について調整します。

Xロボ 通常

開通工事には立ち会いが必須だよ。

開通工事は、電柱から光ファイバーケーブルを直接部屋まで引き込みます。

工事が完了したら、ONU(最終端末装置)に接続します。そこからルーターなどと接続することで、WiFiでネットが楽しめるようになります。

光回線のメリット

光回線のメリットを図解
光回線のメリット
  • 通信費を安くすることができる
  • 通信速度が速く安定している
  • 速度制限にかからない

通信費を安くすることができる

光回線は料金が高い!と思われがちですが、通信費で見ると、実は安く使えます。安く使える理由は、光回線はスマホセット特典が充実しているからです。

光回線は指定スマホキャリアユーザーが契約すると、スマホの基本料金が永年割引されるセット特典も充実しています。

セット割を適用させると、契約者本人だけでなく家族のスマホ料金も安くなります。

光回線を自宅のWiFiとして選択すれば、インターネットの料金をまるごと節約できるのです。

光回線のメリットを図解
スマホセット特典の例
光回線 スマホ スマホセット特典
ドコモ光 ドコモ
  • スマホ月額料金1,100円割引
  • 20回線まで対象
auひかり au
  • スマホ月額料金1,100円割引
  • 10回線まで対象
ソフトバンク光 ソフトバンク
  • スマホ月額料金1,100円割引
  • 10回線まで対象
楽天ひかり 楽天モバイル
  • 楽天ポイント還元率アップ
NURO光 NUROモバイル
  • NUROモバイルの月額料金が1年間0円

速度制限にかからない

回線タイプ 実測値平均 平均Ping値
光回線 369.9Mbps 27.2ms
ホームルーター 154.9Mbps 81.4ms
ポケット型WiFi 80.1Mbps 86.0ms

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載

インターネット回線・WiFiのなかでも、光回線は通信速度の速さ&安定性がトップです。

光回線は部屋の中まで光ファイバーケーブルを引き込む仕組み上、外的要因(天候・壁などの遮蔽物)による速度低下が起きづらい特徴があります。

速度制限にかからない

光回線は、どれだけ使っても、速度制限なしです。データ通信量の制限はありません。

実は、完全無制限でインターネットを楽しめるのは光回線だけ。

ホームルーターやポケット型WiFiにも無制限プランはありますが、いずれも条件付きでの提供となっています。

条件としては、「大容量通信が行われた場合、状況によっては速度制限を実施する可能性がある」といったものです。

光回線のデメリット

光回線のデメリットを図解
光回線のデメリット
  • 開通工事が必要
  • 開通までに時間がかかる
  • 引越し手続きが大変

開通工事が必要

光回線は、電柱から光ファイバーケーブルを部屋まで引き込む開通工事が必要です。

室内へケーブルを引き込むときは、基本的に電話用の配管やエアコン用の通気口を使います。

しかし、配管も通気口も使えない場合、建物の壁に穴をあけ、そこからケーブルを引き込むことになります。

穴の直径は通常1㎝程度ですが、持ち家でない場合は管理会社とのトラブルの元になることも。

賃貸で光回線を開通させるには、管理会社・管理人への確認が必要です。

開通までに時間がかかる

光回線は、申し込みから開通までに時間がかかるデメリットがあります。

時間がかかる最大の理由は、開通工事の予約がとりにくいためです。

開通工事は光回線の会社が行うものではなく、光回線の会社から業務委託をされた業者の方が行います。

工事希望日と委託業者のスケジュールの空きが合えば、その日程で予約できます。

しかし、開通工事は立ち会いが必要。新生活が始まる前の3月・9月や、土日祝は人気で埋まっていることが多く、なかなか希望日程で工事予約が取れないかもしれません。

Xロボ 困る

工事をしてくれる業者さんのスケジュールによっては、1〜2週間後の土日などでも予約が取れることもあるので、こればかりは完全にタイミングなんだ…

申し込みから開通まで、平均で1ヶ月ほどかかるといわれていますが、前後する可能性は大いにあります。

ちなみに、開通工事自体は約2時間ほどで終わります。

引越し手続きが大変

光回線は、引越し手続きが大変です。簡単に言うと、光回線を開通させたときの手続きを、もう一度行うイメージです。

契約中の光回線を継続して使うなら、光回線に引越し(移転)申請をする必要があります。

申請することで支払い情報などのお客様情報は引き継ぐことができますが、物件の設備は新たに構築が必要です。

引越しのタイミングで光回線を乗り換えるなら、契約中の光回線を解約し、新居で新しく導入するWiFiを申し込む必要があります。

こんな人は光回線がおすすめ

メリット
  • 通信費を安くすることができる
  • 通信速度が速く安定している
  • 速度制限にかからない
デメリット
  • 開通工事が必要
  • 開通までに時間がかかる
  • 引越し手続きが大変

光回線のメリット・デメリットは、以上の通りです。これらを踏まえると、光回線は以下のような方におすすめのWiFiです!

こんな人は光回線がおすすめ

  • 家族(ファミリー)でWiFiを使いたい
  • 戸建てに住んでいる
  • テレワーク・リモート授業
  • オンラインゲーマー
  • ライブ配信者

おすすめ光回線を見る >

こんな人は光回線はおすすめできない

反対に、こんな人には光回線をおすすめできません。

光回線は工事が必要のため、即日開通というわけには行きません。

お引越しする場合は新居での開通手続きなどが再度必要になるので、直近で引越しの予定がある場合は避けたほうが良いでしょう。

また、ライブ配信やオンラインゲームをやらないのであれば、光回線でなくても充分です。

こんな人は光回線はおすすめできない

  • すぐにWiFiを使いたい
  • 1年以内にお引越しの予定がある
  • ライブ配信やオンラインゲームはやらない
  • 外でもWiFiを使いたい

ホームルーターの解説を読む >

ポケット型WiFiの解説を読む >

自宅用の工事不要WiFi「ホームルーター」は一人暮らしやアパート・マンションにおすすめ

ホームルーターの画像

ホームルーターでできること

※縦にスクロールできます。

インターネットの利用目的 サイト・アプリの一例 最適度
テキスト送受信 LINE
調べもの Yahoo!ニュース
天気予報
通話 Discord
Skype
ビデオ通話 ZOOM
SNSの閲覧
SNSの投稿
Instagram
Twitter
動画の視聴 Netflix
U-NEXT
動画の投稿 You Tube
ニコニコ動画
ライブ配信 You Tube
ニコニコ動画
ネットショッピング Amazon
楽天市場
ゲーム Apex
DbD

参考:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネットの利用目的

ここでは、WiFiの3タイプのうち「ホームルーター」について解説します。

クリックで解説までスクロールします。

ホームルーターを開通させるまでの流れ

WiFiルーターの仕組み
  1. ホームルーターのプランを選ぶ
  2. 申し込み内容の確認
  3. ホームルーター・SIMの受け取り
  4. ホームルーターへSIMカードを挿入
  5. ホームルーターをコンセントにさす
  6. インターネット端末にSSID・パスワードを入力
  7. 開通完了!

ホームルーターは、コンセントにさすだけでWiFiが使えるようになる、工事不要の置き型WiFiです。

ホームルーターは、基地局の電波と、インターネット機器の中継器のような役割をしています。

Xロボ 通常

ホームルーターは、自宅用の無線式のWiFiルーターなんだ!

ホームルーターはWEBもしくは店頭(公式ショップ・家電量販店)で申し込みが可能です。

WEBの場合は電話、店頭の場合は対面で、申込内容の確認をし、内容に問題がなければ契約に進みます。

WEBの場合は発送、店頭は在庫がある場合は対面で、ホームルーターの本体を受け取ります。

ホームルーターの本体に、SIMカードを挿入し、コンセントに挿せば、準備完了です。インターネット端末にSSID・パスワードを入力すれば、WiFiに接続できます。

Xロボ 通常

最短で即日開通ができるよ!

ホームルーターのメリット

ホームルーターのメリットを図解
ホームルーターのメリット
  • 工事不要で開通までが早い
  • 提供エリア内ならどこでも開通できる
  • データ通信量が無制限

工事不要で開通までが早い

ホームルーターは、挿すだけWiFi・置くだけWiFiとも呼ばれる、工事不要の自宅用WiFiです。

とにかく設置が簡単で、ホームルーターの本体とSIMカードが手元にあればWiFiが使えるようになります。

申し込みから1日〜1週間ほどで開通できます。

提供エリア内ならどこでも開通できる

ホームルーターは、提供エリア内ならどこでも開通できます。ご自宅が賃貸でも、管理会社・管理人の許可は不要で導入可能です。

引越しする場合でも、引越し先が提供エリア内であれば、そのまま継続利用ができます。

手続きはWEBのアプリから利用先住所を変更するだけでOK。変更は約10分ほどで反映されます。

データ通信量が無制限

現在ホームルーターは、データ通信量が無制限のプランが主流となっています。

「今月まだ1週間もあるのにギガ使い切ってしまった!速度制限で全然繋がらない…」なんてこともありません。

たくさんインターネットを楽しみたい方でも、安心して申し込みができます。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターのデメリットを図解
ホームルーターのデメリット
  • 光回線より通信速度や安定性は劣る
  • 端末代金が高い
  • 登録住所以外に持ち運べない(WiMAX除く)

光回線より通信速度や安定性は劣る

ホームルーターは光回線に比べると、通信速度や安定度が劣るというデメリットがあります。

実測値は10〜25Mbpsあれば検索やSNS、動画を快適に楽しめるため、ホームルーターでも不便さを感じることはほぼありません。

しかし、オンラインゲームをラグ無しでプレイするならPing値は50ms以下をキープできないと厳しいので、自宅でオンラインゲームを楽しむなら光回線のほうがおすすめです。

回線タイプ 実測値平均 平均Ping値
光回線 369.9Mbps 27.2ms
ホームルーター 154.9Mbps 81.4ms
ポケット型WiFi 80.1Mbps 86.0ms

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載

端末代金が高い

ホームルーターは端末代が20,000円〜70,000円と高額です。

端末代は2年や3年の継続利用で実質無料になるサービスもありますが、そのようなサービスを利用しても途中解約すると残債を一括請求されてしまうので、注意をしてください

登録住所以外に持ち運べない(WiMAX除く)

ホームルーターは、住所変更をしない限り自宅以外の場所で利用できません

そのため、ポケット型WiFiのように、友達の家や出張先などへ気軽に持ち運んで使えない点に注意をしましょう。

ただしWiMAXホームルーターのみ、住所変更不要で自宅以外の場所でも利用できます。

出張先や帰省する際などにホームルーターを持ち運びたい人は、WiMAXホームルーターがおすすめです。

こんな人はホームルーターがおすすめ

メリット
  • 工事不要で開通までが早い
  • 提供エリア内ならどこでも開通できる
  • データ通信量が無制限
デメリット
  • 光回線より通信速度や安定性は劣る
  • 端末代金が高い
  • 登録住所以外に持ち運べない(WiMAX除く)

ホームルーターのメリット・デメリットは、以上の通りです。これらを踏まえると、ホームルーターは以下のような方におすすめのWiFiです!

こんな人はホームルーターがおすすめ

  • WiFiは自宅(または室内)のみで利用できれば良い人
  • 開通工事ができない物件に住んでいる人
  • 申し込み後すぐに自宅のWiFi環境を整えたい人
  • 転勤などで引越す頻度が高い人

おすすめホームルーターを見る >

こんな人はホームルーターはおすすめできない

反対に、こんな人にはホームルーターをおすすめできません。

ホームルーターは通信速度は速いものの、安定性やラグといった部分は苦手な部分です。そのため、ライブ配信やオンラインゲームには向いていません。

また、同時接続台数が多いと、速度低下が起こります。ホームルーターは接続台数の影響が受けやすいため、家族で使うには向いていません。

こんな人はホームルーターはおすすめできない

  • ライブ配信やオンラインゲームがしたい
  • 家族(ファミリー)でWiFiを使いたい
  • 外でもWi-Fiが使いたい

光回線の解説を読む >

ポケット型WiFiの解説を読む >

自宅以外でもWiFiを使いたいなら「ポケット型WiFi」がおすすめ

ポケット型WiFiの画像

ポケット型WiFiでできること

※縦にスクロールできます。

インターネットの利用目的 サイト・アプリの一例 最適度
テキスト送受信 LINE
調べもの Yahoo!ニュース
天気予報
通話 Discord
Skype
ビデオ通話 ZOOM
SNSの閲覧
SNSの投稿
Instagram
Twitter
動画の視聴 Netflix
U-NEXT
動画の投稿 You Tube
ニコニコ動画
ライブ配信 You Tube
ニコニコ動画
ネットショッピング Amazon
楽天市場
ゲーム Apex
DbD

参考:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネットの利用目的

ここでは、WiFiの3タイプのうち「ポケット型WiFi」について解説します。

クリックで解説までスクロールします。

ポケット型WiFiを開通させるまでの流れ

WiFiルーターの仕組み
  1. ポケット型WiFiのプランを選ぶ
  2. 申し込み内容の確認
  3. ポケット型WiFi・SIMの受け取り
  4. ポケット型WiFiへSIMカードを挿入
  5. ポケット型WiFiを充電して電源ON
  6. インターネット端末にSSID・パスワードを入力
  7. 開通完了!

ポケット型WiFiは、充電式の持ち運びできるWiFiルーターです。

ポケット型WiFiは、基地局の電波と、インターネット機器の中継器のような役割をしています。

Xロボ 通常

ホームルーターは、持ち運び可能な唯一のWiFiルーターなんだ!

ポケット型WiFiは、WEBもしくは店頭(公式ショップ・家電量販店)で申し込みが可能です。

WEBの場合は電話、店頭の場合は対面で、申込内容の確認をし、内容に問題がなければ契約に進みます。

WEBの場合は発送、店頭は在庫がある場合は対面で、ポケット型WiFiの本体を受け取ります。

ポケット型WiFiの本体に、SIMカードを挿入し、コンセントに挿せば、準備完了です。インターネット端末にSSID・パスワードを入力すれば、WiFiに接続できます。

Xロボ 通常

最短で即日開通ができるよ!

ポケット型WiFiのメリット

ポケット型WiFiのメリット一覧
ポケット型WiFiのメリット
  • 持ち運んで使える
  • 海外通信ができる
  • ルーターは0円レンタルできるものが多い

持ち運んで使える

ポケット型WiFiは、提供エリア内なら持ち運んで通信できるWiFiルーターです。

持ち運びできるWiFiルーターは、ポケット型WiFiだけです。自宅以外でもWiFiを使いたいなら、ポケット型WiFiを選びましょう。

海外通信ができる

ポケット型WiFiは、申し込むサービスによって海外通信が可能です。

旅行や出張で海外に行かれることがある方は、毎回、海外用の短期WiFiレンタルサービスを利用する必要が無くなります。

ルーターは0円レンタルできるものが多い

光回線は開通工事が必要ですし、ホームルーターは本体を購入するサービスがほとんどです。

しかし、ポケット型WiFiは、WiFiルーターを0円でレンタルできるサービスが多いため、初期費用が安く、短期契約にも向いています。

ポケット型WiFiのデメリット

ポケット型WiFiのデメリット一覧
ポケット型WiFiのデメリット
  • 通信速度は遅く不安定
  • 速度制限にかかりやすい

通信速度は遅く不安定

回線タイプ 実測値平均 平均Ping値
光回線 369.9Mbps 27.2ms
ホームルーター 154.9Mbps 81.4ms
ポケット型WiFi 80.1Mbps 86.0ms

実測値:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を記載

ポケット型WiFiの通信速度は、WiFiサービスの中で遅く不安定である点がデメリットです。

遅いといっても平均80Mbps程度の速度は維持できるため、Web検索やSNS・動画程度なら問題なく楽しめます。

しかし、地下や鉄筋ビルの中など、利用場所によっては圏外になったり速度が極端に遅くなることもあります。

常時快適にWiFiが利用できるわけではない点は要注意です。

速度制限にかかりやすい

ポケット型WiFiは自分に合ったデータ容量を選んで契約できる点はメリットですが、月間データ容量を使い切ると速度制限にかかります

速度制限にかかるとWebサイトのトップページすら開けなくなる場合がありますので、ポケット型WiFiは契約するデータ容量が重要です。

こんな人はポケット型WiFiがおすすめ

メリット
  • 持ち運んで使える
  • 海外通信ができる
  • ルーターは0円レンタルできるものが多い
デメリット
  • 通信速度は遅く不安定
  • 速度制限にかかりやすい

ポケット型WiFiのメリット・デメリットは、以上の通りです。これらを踏まえると、ポケット型WiFiは以下のような方におすすめのWiFiです!

こんな人はポケット型WiFiがおすすめ

  • 学校や会社など、自宅以外でもWiFiを利用したい人
  • オンラインゲームはプレイしない人
  • 通信速度より料金の安さ重視でWiFiを選びたい人
  • データを無駄なく使いたい人
  • 一人暮らしの人

おすすめポケット型WiFiを見る >

こんな人はポケット型WiFiはおすすめできない

反対に、こんな人にはポケット型WiFiはおすすめできません。

WiFiに通信速度や安定性を求めるなら、ポケット型WiFiはおすすめできません。

テレワークなど、WiFiが繋がらなくなると困るような作業をする方は、他のWiFiを検討したほうが安心でしょう。

また、同時接続台数が多いと、速度低下が起こります。ポケット型WiFiは接続台数の影響が受けやすいため、家族で使うには向いていません。

また、自宅メインでWiFiを使うなら、他WiFiのほうが快適に利用できます。

こんな人はポケット型WiFiはおすすめできない

  • ライブ配信やオンラインゲームがしたい
  • 家族(ファミリー)でWiFiを使いたい
  • 自宅メインでWiFiを使う

光回線の解説を読む >

ホームルーターの解説を読む >

WiFiプランを選ぶ前によくある質問をチェック

よくある質問

WiFiプランを選ぶ前に、よくある質問をチェックしておきましょう!それぞれ詳しく回答していきます。

クリックで解説までスクロールします。

Q.一人暮らしにWiFiは必要?

A.一人暮らしでもWiFiの契約をおすすめします。

WiFiを契約していれば、通信障害が起きても、連絡やネット閲覧の手段が確保できます。

また、インターネットが使えるデバイスが増えるので、パソコンやタブレットでの作業も行えます。

また、WiFiとスマホキャリアをまとめることで、スマホセット特典を受け取ることもできます。

必要 / 不要
テレワークをしている・オンライン授業を受けている
必要
自宅でネットを使うことが多い
必要
スマホ以外でネットを使うことがある
必要
外にいることが多く、ネットはスマホでしか繋がない
不要
Xロボ 通常

仕事や学校は外、夜や休日は家で過ごす方は、スマホのプランを見直すことで、いまよりも多くデータ通信ができ、料金も安くできるかも!

Q.WiFiの月額料金の相場は?

WiFiの料金相場をまとめた表
光回線の実質料金(戸建て)

実質料金は、事務手数料・開通工事費や端末代金など、必要な費用を全て含めた3年間の平均月額料金を記載しています。

光回線 実質の月額料金
ピカラ光 4,776円
excite MEC光 4,776円
eo光 5,642円
フレッツ光(東日本) 5,744円
IIJmioひかり 5,414円
hi-hoひかり 5,225円
コミュファ光 5,204円
おてがる光 5,350円
オトクナ光 5,299円
ドコモ光 5,812円
さすガねっと 5,555円
So-net光 minico 5,331円
NURO光 6,514円
楽天ひかり 5,854円
フレッツ光(西日本) 5,165円
auひかり 3,346円
コミュファ光ゲーミングカスタム 5,307円
J:COM NET光 5,697円
ビックローブ光 6,120円
@nifty光 6,362円
GameWith光 6,600円
hi-hoひかり with games 6,631円
GMOとくとくBB 光 6,215円
ソフトバンク光 7,058円
So-net光プラス 6,969円
BBIQ光 6,258円
メガ・エッグ光 6,331円
光回線の実質料金(マンション)

実質料金は、事務手数料・開通工事費や端末代金など、必要な費用を全て含めた3年間の平均月額料金を記載しています。

光回線 実質の月額料金
ピカラ光 3,584円
excite MEC光 3,603円
eo光 3,739円
フレッツ光(東日本) 3,969円
IIJmioひかり 4,156円
hi-hoひかり 4,263円
コミュファ光 4,406円
おてがる光 4,433円
オトクナ光 4,500円
ドコモ光 4,538円
さすガねっと 4,593円
So-net光 minico 4,646円
NURO光 4,721円
楽天ひかり 4,904円
フレッツ光(西日本) 4,943円
auひかり 5,124円
コミュファ光ゲーミングカスタム 5,176円
J:COM NET光 5,186円
ビックローブ光 5,203円
@nifty光 5,203円
GameWith光 5,418円
hi-hoひかり with games 5,463円
GMOとくとくBB 光 5,482円
ソフトバンク光 5,931円
So-net光プラス 6,174円
BBIQ光 6,582円
メガ・エッグ光 7,462円
ホームルーターの実質料金

実質料金は、事務手数料・開通工事費や端末代金など、必要な費用を全て含めた3年間の平均月額料金を記載しています。

ホームルーター 実質の月額料金
ソフトバンクエアー 3,930円
モバレコエアー 3,930円
ドコモ home 5G 4,542円
Rakuten Turbo 5,769円
UQ WiMAX 5,364円
au 4,435円
エックスWiMAX 4,123円
ポケット型WiFiの実質料金(無制限)

実質料金は、事務手数料・開通工事費や端末代金など、必要な費用を全て含めた3年間の平均月額料金を記載しています。

ポケット型WiFi 実質の月額料金
Baycom WiMAX 4,601円
e Wi-Fi 5,502円
ZEUS WiMAX 3,788円
hi-ho WiMAX 5,135円
どんなときもWiFi 4,932円
5G-CONNECT 4,747円
MONSTER MOBILE 4,800円
EX WiMAX 5,729円
Broad WiMAX 4,653円
GMOとくとくBB WiMAX 4,356円
Broad WiMAX 4,783円
VisionWiMAX 5,300円
ポケット型WiFiの実質料金(制限あり)

実質料金は、事務手数料・開通工事費や端末代金など、必要な費用を全て含めた3年間の平均月額料金を記載しています。

ポケット型WiFi データ通信量 実質の月額料金
AiR-WiFi 100GB 3,370円
AiR-WiFi 100GB 3,469円
AiR-WiFi 100GB 3,700円
ChatWiFi 200GB 4,751円
ChatWiFi 50GB 2,661円
FUJI Wifi 100GB 3,572円
FUJI Wifi 50GB 3,082円
MONSTER MOBILE 100GB 3,040円
MONSTER MOBILE 50GB 2,622円
MUGEN WiFi 100GB 3,854円
THE WiFi 100GB 3,323円
THE WiFi 100GB 3,444円
ZEUS WiFi 100GB 3,406円
ZEUS WiFi 50GB 3,120円
縛られないWiFi 50GB 3,612円

A.だいたい4,000円〜5,000円ほど掛かります。

月額料金の相場は、契約するインターネット回線によって異なります。申し込みたいWiFiタイプの月額料金の相場を確認しておきましょう。

光回線は安定した高速通信を利用できますが、平均相場は全WiFiサービスの中で最も高額です。

一方、ホームルーターやポケット型WiFiは光回線より安く利用できるものの、光回線ほど安定した高速通信は利用できない点に注意が必要です。

Q.データ通信量(ギガ)の目安は?

A.月間200GBほど見ておけば充分といえるでしょう。

月間のデータ通信量は、一般家庭で平均200GB程度と言われています。データ通信量の上限がどれくらいか迷っている方は、200GBほど見ておけば充分と言えるでしょう。

しかし、200GBはほとんど無制限プランです。

もしポケット型WiFiを検討している方で、月間で使うデータ通信量がはっきりしている方は、使用ギガにぴったり〜少し余裕があるくらいのプランを選ぶと、安く使えます。

Q.通信速度はどれくらい必要?

用途 通信の方向 最低でも必要な速度
テキストの送信 ダウンロード 1Mbps
写真の送信 ダウンロード 3Mbps
動画の投稿 ダウンロード 10Mbps
テキストの受信 アップロード 128Kbps
WEBサイト・SNS閲覧 アップロード 1Mbps
動画の再生 アップロード 3Mbps
ライブ配信 アップロード 30Mbps
オンラインゲーム Ping値 ~50ms

A.80Mbps以上は安定して計測できるとよいでしょう。

基本的に上記の表程度の通信速度が出ていれば、問題ないと言われています。

しかし、WiFiは周辺の環境などによって速度低下が起きるため、80Mbps以上安定して計測できるような速度が出せると安心です。

基本的に上記の表程度の通信速度が出ていれば、問題ないと言われています。

しかし、WiFiは周辺の環境などによって速度低下が起きるため、80Mbps以上安定して計測できるような速度が出せると安心です。

おすすめ光回線を見る >

おすすめホームルーターを見る >

おすすめポケット型WiFiを見る >

あなたのWiFiはコレがおすすめ!プランの選び方を紹介

WiFi選びのフローチャート

自宅用のWiFiとして、どのサービスが自分に合っているかわからない人は、この項目で適切なサービスを見つけてみましょう。

WiFi選びのポイント①自宅ではどんなWiFiが使えるのか?

WiFi 賃貸・集合住宅
光回線 管理会社の承諾があれば開通できる
ホームルーター エリア内なら開通できる
ポケット型WiFi エリア内なら開通できる

賃貸や集合住宅(アパート・マンション)にお住まいの方は、WiFiのタイプを選ぶ前に、自宅で使えるWiFiを確認しておきましょう。

とくに集合住宅にお住まいの場合は、物件に備え付けのWiFiが使える可能性があります。

自宅で使えるWiFiは、賃貸や集合住宅に入居したときの契約書面や、管理会社に問い合わせることで確認できます。

Xロボ 通常

持ち家にお住まいの方は、どのWiFiタイプでも開通できるよ。具体的なWiFiサービスを申し込む前に、WEB検索で提供エリアだけ調べておけばOK!

WiFi選びのポイント②どこでWiFiを使うのか?

WiFi 使える場所
光回線 自宅のみ
ホームルーター WiMAX 提供エリア内すべて
キャリア 登録住所場所のみ
ポケット型WiFi 提供エリア内すべて

続いてどこでWiFiを使いたいのか?を明確にしましょう。WiFiによって通信できる場所が限定されています。

自宅だけでなく、外でもWiFiを使いたいなら、選択肢はポケット型WiFiだけになります。自宅だけで使うなら、選択肢は光回線かホームルーターになります。

Xロボ 通常

ちなみに、WiMAXのホームルーターは、提供エリア内かつコンセントがあればどこでもWiFiが使えるよ!

車にコンセントがあれば、キャンプなどにも持っていけるんだ。

WiFi選びのポイント③予定している契約期間はどれくらい?

WiFi 引越し手続き
光回線 引越し先の開通工事
ホームルーター WEBで住所変更のみ
ポケット型WiFi WEBで住所変更のみ

もし1年以内に引越しが控えているなら、工事不要で使えるWiFiを選びましょう。

光回線は工事が必要なので、開通までに時間がかかります。さらに転居となると、転居先の設備によってはまた開通工事が必要になる可能性が高いです。

引越しの予定が1年以上先であれば、光回線でWiFiを使える期間も長いため、光回線も視野にWiFiを選んでもよいでしょう。

Xロボ 通常

長期で契約する予定がない(1年〜2年ほどで引越しする可能性がある)方は、契約期間の縛りがない光回線がおすすめ!

WiFi選びのポイント④どれくらいのデータ量・通信速度が欲しいのか?

  1. 自宅ではどんなWiFiが使えるのか?
  2. どこでWiFiを使うのか?
  3. 予定している契約期間はどれくらい?

この3つのポイントを明確にすると[光回線]か[ホームルーター]で迷っている方が多いのではないでしょうか?

そんな方は、どれくらいのデータ量・通信速度が欲しいのか明確にしましょう。

WiFi データ量 通信速度の目安
光回線 完全無制限 約300Mbps
ホームルーター 実質無制限 約130Mbps
ポケット型WiFi WiMAX・キャリア 実質無制限 約50Mbps
トリプルキャリア対応 制限あり 約20Mbps

速度:みんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の実測値平均を参考に記載。

光回線は、最速かつ安定した通信を完全無制限で使うことができます。WiFiを複数端末に接続する方や、オンラインゲーマーは光回線がおすすめです。

Xロボ 通常

戸建てにお住まいの方や、複数端末をWiFi接続する方(家族で暮らしている方)なら光回線がぴったり!

ホームルーターは、光回線より不安定なものの実質無制限で使うことができます。

インターネットは基本的に見る方が多い(ライブ配信など、発信することは予定していない)方におすすめです。

オンラインゲームのようなリアルタイムで発信・受信し続けるような作業をしないなら、ホームルーターでも充分でしょう。一人暮らしの方にも人気があります。

Xロボ 通常

実質無制限とは、月間などで使えるデータ通信量が決められていないプランのことだよ。

基本的には無制限通信を可能にしているけど、基地局の設備に影響を及ぼすほどの大容量通信が行われたとき、通信を制限する可能性があるんだ。

おすすめ光回線を見る >

おすすめホームルーターを見る >

おすすめポケット型WiFiを見る >

光回線おすすめランキング5社

おすすめ光回線まとめ_テキスト画像

ここでは、WiFiのなかでも安定した高速通信ができる「光回線」のおすすめ5社を紹介していきます。

回線 公式サイトを見る
エキサイトMEC光
ドコモ光
auひかり
NURO光
楽天ひかり

※光回線名クリックで解説までスクロールします。

[1位]エキサイトMEC光

エキサイトMEC光の紹介画像

キャンペーン情報

  • 契約事務手数料がタダ
  • 標準開通工事費がタダ
  • 月額料金12ヶ月割引
  • [開通手続き料0円]もしくは[Wi-Fiルータープレゼント]どちらか選べる
ひかり電話 テレビサービス
IPv6 ルーター特典
〇対応 〇プレゼント
  • 戸建て
  • マンション

※横にスクロールできます。

プラン名 戸建て
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~1年:4,428 円
2年~:4,950 円
初期費用 事務手数料:0円(1,100円)
開通手続料:0円 (3,300円)
開通工事費 0円 (15,000円)
解約金 なし

参考:エキサイトMEC公式サイト

※横にスクロールできます。

プラン名 マンション
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~1年:3,355 円
2年~:3,850 円
初期費用 事務手数料:0円(1,100円)
開通手続料:0円 (3,300円)
開通工事費 0円 (15,000円)
解約金 なし

参考:エキサイトMEC公式サイト

エキサイトMEC光は、契約期間の縛りがない、シンプルで分かりやすいプランの光回線です。申込窓口は公式サイトのみなので、仲介業者などを挟む必要もありません。

高額キャッシュバックやスマホセット割引がない代わりに、開通工事費無料・月額料金割引といった条件を満たせば自動適用されるキャンペーンが実施されています。

エキサイトMEC光がおすすめの人
  • 契約期間の縛りは無くしたい
  • スマホキャリアの縛りは無くしたい(格安SIMユーザー)
  • 初めて光回線を開通させる方

サイトMEC光の口コミ・評判

[2位]ドコモ光

ドコモ光の紹介画像

キャンペーン情報

  • 最大65,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで15,000円還元
  • 10ギガプラン申込み 20,000円追加キャッシュバック
ひかり電話 テレビサービス
IPv6 ルーター特典
○標準対応 ○無料レンタル
  • 戸建て
  • マンション

※横にスクロールできます。

プラン名 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 5,783円
初期費用 事務手数料:3,300円
開通工事費 19,800円 完全無料
解約金 5,500円

参考:ドコモ光公式サイト

※横にスクロールできます。

プラン名 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,463円
初期費用 事務手数料:3,300円
開通工事費 16,500円 完全無料
解約金 4,180円

参考:ドコモ光公式サイト

ドコモ光とは、NTTドコモが提供している光コラボ回線です。

ドコモ光は完全新規で契約すると、最大19,000円の工事費が発生します。しかし、公式キャンペーンにより完全無料なので、工事費は一切発生しません。

光回線の工事費は、24ヶ月や36ヶ月間の継続利用で実質無料になるケースが多いですが、ドコモ光は工事費自体発生しないので、万が一、短期間で解約しても工事費残債が発生しないのはメリットといえます。

ドコモ光はドコモユーザーが契約するとセット割が適用され、月額1,100円がスマホ料金から割引されます。

割引対象はドコモ光契約者だけでなく、その家族最大20回線までと幅広いため、家族にドコモユーザーが多いほど、毎月の通信費を節約できますよ。

また、ドコモ光はdカードGOLDで料金を支払うと、利用料金1,100円につき10%のdポイント還元があるので、dポイントを貯めている方はポイントが貯まりやすくなります。

ドコモ光がおすすめの人
  • ドコモスマホを利用している人
  • 初めて光回線を契約する人
  • dポイントを貯めている人

ドコモ光の口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

[3位]auひかり

auひかりの紹介画像

キャンペーン情報

  • 最大66,000円キャッシュバック実施中
  • 他社から乗り換え特典実施中
    ①最大30,000円キャッシュバック
    ②月額料金合計20,000円割引
ひかり電話 テレビサービス
IPv6 ルーター特典
○標準対応 △スマホセットで無料
  • 戸建て
  • マンション

※横にスクロールできます。

プラン名 ずっとギガ得プラン
契約期間 3年(自動更新)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料:3,300円
開通工事費 33,000円 実質無料
解約金 4,730円

参考:auひかり公式サイト

※横にスクロールできます。

プラン名 マンションタイプV16
契約期間 3年(自動更新)
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,180円
初期費用 事務手数料:3,300円
開通工事費 33,000円 実質無料
解約金 2,730円

参考:auひかり公式サイト

auひかりはKDDI株式会社が提供している独自回線です。KDDI系列である、au・UQモバイルとのスマホセット割引が用意されています。

auひかりは通信速度の速さと通信品質の高さで人気があり、オンラインゲーマーからも人気があります。,000円割引となり、安く光回線が使えます。

auひかりの口コミ・評判

悪い口コミ

悪い口コミ

[4位]NURO光

NURO光の紹介画像

キャンペーン情報

  • 他社解約金を最大20,000円まで補填
  • 最大45,000円キャッシュバック
  • 満足できなかったとき解約金の無料特典が使える
ひかり電話 テレビサービス
IPv6 ルーター特典
〇対応 なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 戸建てプラン(G2T)
契約期間 3年(自動更新)
最大通信速度 2Gbps
基本料金 5,200円
事務手数料 3,300円
開通工事費 44,000円 実質無料
解約金 3,850円

参考:NURO光公式サイト

プラン名 NURO光 for マンション(G2T)
契約期間 3年(自動更新)
最大通信速度 2Gbps
基本料金 2,090~2,750円
事務手数料 3,300円
開通工事費 44,000円 実質無料
解約金 3,850円

参考:NURO光公式サイト

NURO光とは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する独自回線です。

提供エリアは北海道・東北・関東・関西・中国・九州の一部エリアに限られていますが、エリア内にお住まいであれば、標準で最大2Gbpsの高速通信を利用できます。

他社光回線の最大速度は1Gbpsですから、NURO光がいかに高速な独自回線かわかりますね。

また、NURO光は速度が速いだけでなく、他社光回線より料金が安い点もポイントです。

特に、マンションでは最安2,090円〜利用できますので、料金の安さ重視で光回線を契約したい人にもNURO光はおすすめといえます。

NURO光はソフトバンクユーザーが契約すると「おうち割 光セット」が適用され、毎月永年1,100円が割引されます。

割引対象はNURO光契約者を含む、家族10回線までと多いので、家族にソフトバンクユーザーが多い人にもNURO光はおすすめです。

NURO光がおすすめの人
  • NURO光の対象エリア内にお住まいの人
  • ソフトバンクユーザー
  • 速度重視で光回線を選びたい人
  • 料金の安さ重視で光回線を選びたい人

NURO光の口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

[5位]楽天ひかり

楽天ひかりの紹介画像

キャンペーン情報

  • 他社から乗り換えで1年間の月額料金2,000円割引
ひかり電話 テレビサービス
IPv6 ルーター特典
〇対応 なし
  • 戸建て
  • マンション
プラン名 ホームタイプ
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 5,280円
事務手数料 880円
開通工事費 19,800円
解約金 5,280円

参考:楽天ひかり公式サイト

プラン名 マンションタイプ
契約期間 24ヶ月
最大通信速度 1Gbps
基本料金 4,180円
事務手数料 880円
開通工事費 16,500円
解約金 4,180円

参考:楽天ひかり公式サイト

楽天ひかりは、楽天モバイル株式会社より提供されている光コラボ回線です。

他社WiFiより楽天ひかりに乗り換える事で、月額料金が1年間2,000円割引となり、安く光回線が使えます。

また、楽天モバイルユーザーならSPU(スーパーポイントアッププログラム)が適用され、楽天市場での買い物にポイントアップされます。

楽天ひかりもSPUの対象のため、セットで利用することでポイントが最大+4倍になりお得です。

楽天ひかりの口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

ホームルーターおすすめランキング5社

おすすめホームルーター

ここでは、コンセントにさすだけでネット環境が整う、置き型WiFi[ホームルーター]のおすすめ5社を紹介していきます。

ホームルーターは、端末をコンセントに挿すだけでWiFiの利用を開始できることから、工事不要WiFiとも呼ばれています。

ホームルーターは開通工事ができない集合住宅や賃貸住宅にお住まいの方や、転勤・引っ越しの頻度が高い方へおすすめのWiFiです。

ホームルーター 公式サイトを見る
ソフトバンクエアー
モバレコエアー
ドコモ home 5G
GMOとくとくBB WiMAX
Broad WiMAX

※ホームルーター名クリックで解説までスクロールします。

[1位タイ]ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーの紹介画像

キャンペーン情報

  • 最大最大10万円の他社違約金補填
口座振替 海外利用
×
端末レンタル 5G対応

プラン概要

プラン名 ソフトバンクエアー
契約期間 なし
データ通信量 無制限
月額料金 1ヶ月~:1,320円
7ヶ月~:5,368円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 0円

参考:モバレコエアー公式サイト

端末詳細

回線タイプ ホームルーター
端末名 Airターミナル5
最大通信速度 2.1GBps
端末代金 71,280円実質無料
持ち運び

参考:Airターミナル 仕様 | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

ソフトバンクエアーは、ソフトバンク株式会社より提供されているホームルーターです。

ソフトバンクエアーはホームルーターの先駆けとして、いち早く提供を開始しました。そのため認知度も高く、契約者も多いという特徴があります。

ソフトバンクエアーはソフトバンク・ワイモバイルのスマホセット割引が適用でき、ソフトバンクユーザーは特に安く使うことができます。

[1位タイ]モバレコエアー

モバレコエアーの紹介画像

キャンペーン情報

  • 最大最大10万円の他社違約金補填
  • 最大17,000円キャッシュバック
口座振替 海外利用
×
端末レンタル 5G対応

プラン概要

プラン名 モバレコエアー
契約期間 なし
データ通信量 無制限
月額料金 ~1ヶ月:1,320円
~12ヶ月:3,080円
~36ヶ月:4,180円
37ヶ月~:5,368円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 なし

参考:モバレコエアー公式サイト

端末詳細

回線タイプ ホームルーター
端末名 Airターミナル5
最大通信速度 2.1GBps
端末代金 71,280円 実質無料
持ち運び

参考:Airターミナル 仕様 | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

モバレコエアー は、ソフトバンクと株式会社グッド・ラックがコラボ(専属契約)し、提供しているホームルーターです。

ものはソフトバンクから発売されているソフトバンクエアーと同じものですが、コラボモデル限定のキャンペーンによって、安くホームルーターを使うことができます。

現在は、月額料金割引・キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Xロボ 通常

ソフトバンクエアーはソフトバンク・ワイモバイルユーザーが契約すると、スマホセット割引の対象になるよ。

ソフトバンクなら最大1,100円、ワイモバイルなら最大1,188円が割引されるので、ホームルーターが安く使えるんだ!

ソフトバンクエアー(モバレコエアー)の口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

[3位]ドコモ home 5G

ドコモ home 5Gの紹介画像

キャンペーン情報

  • ドコモスマホとセットで最大1,100円割引
    (最大20回線まで永年適用)
  • Amazonギフト券18,000円プレゼント
口座振替 海外利用
×
端末レンタル 5G対応

プラン概要

プラン名 ドコモ home 5G
契約期間 なし
データ通信量 無制限
月額料金 4,950円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 なし

参考:ドコモ公式サイト(プラン詳細)

端末詳細

回線タイプ ホームルーター
端末名 HR 02
最大通信速度 4.2Gbps
端末代金 71,280円 実質無料
持ち運び

参考:ドコモ公式サイト(home 5G HR02)

ドコモ home 5Gは、NTTドコモが提供するホームルーターです。

最大速度が4.2Gbpsと高速なうえ、ドコモのメインキャリア回線をそのまま利用できることから、速度重視の方におすすめといえます。

ドコモでスマホを利用されている方は[home 5Gセット割]が適用され、家族を含む最大20回線までスマホ料金から毎月永年1,100円が割引される点も特長です。

セット割を利用すれば、同居家族だけでなく離れて暮らす親戚のドコモスマホ料金も安くできるので、ドコモユーザーが家族に多いなら、ドコモhome 5Gの利用がおすすめといえます。

ドコモ home 5Gがおすすめの人
  • 通信速度重視でホームルーターを選びたい人
  • ドコモユーザー

ドコモ home 5Gの口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

[4位]GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの紹介画像

キャンペーン情報

  • 全員対象で最大25,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大41,000円キャッシュバック
  • 35ヶ月間の月額割引で44,693円相当おトク
口座振替 海外利用
×
端末レンタル 5G対応
×

プラン概要

プラン名 GMOとくとくBB WiMAX
契約期間 2年(自動更新なし)
データ通信量 無制限
月額料金 初月:1,089円
~12ヶ月:3,784円
~35ヶ月:4,334円
36ヶ月~:5,104円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 0円

参考:GMOとくとくBB公式サイト

端末詳細

※横にスクロールできます。

端末タイプ ホームルーター ポケット型WiFi
端末名 HOME 5G L13 5G X12
最大通信速度 4.2Gbps 3.9Gbps
端末代金 27,720円 27,720円
持ち運び

参考:GMOとくとくBB公式サイト スペック詳細

GMOとくとくBB WIMAXは、高額キャッシュバックと永年続く月額料金割引により、安いWiMAXとしておすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXは、全ポケット型WiFiの中でもスペックの高い5G端末を使えますから、通信速度も速く、Web検索やSNS、高画質動画も快適に楽しめます。

また、GMOとくとくBB WiMAXはauスマホユーザーが契約すると[auスマートバリュー]UQモバイルユーザーが契約すると[自宅セット割]が適用される点も特徴です。

セット割が適用されると、家族のスマホを含め最大10回線まで月額料金から最大1,100円が永年割引されます。

そのため、家庭の通信費を安くしたいau・UQモバイルユーザーにもGMOとくとくBB WiMAXはおすすめですよ。

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめの人
  • WiMAXを最安料金で使いたい人
  • 速度重視でポケット型WiFiを選びたい人
  • 今ポケット型WiFiに乗り換えると高額な違約金が発生する人
  • auまたはUQモバイルでスマホを契約している人

GMOとくとくBB WiMAXの口コミ・評判

良い口コミ

通信速度も良く値段も比較的に安いので満足

動画を見ている時に、たまに広告で流れていたのでずっと気になっていたプランでした。普段は家の固定Wi-fiを使っていたので、持ち運びのWi-fiは必要ないと思っていたのですが、転職を機に購入を検討しました。同じルーターでも契約会社によって値段やプラン等違っていたため、インターネットで調べたところ、GMOとくとくBBが値段も安く設定されており、価格をみてこちらでの購入を決めました。実際に使用してみて、少なからず仕事で使う分には速度も申し分なく、持ち運べて便利なので、購入してとても満足しています。

— みん評

安いし速くて満足

他社のポケットWiFiを使っていましたが、コロナ禍の影響で通信速度の不具合が起きた為こちらに乗り換えました。
このご時世なので、ちゃんと速度は出るのか心配でしたが契約後20日以内なら違約金無料でキャンセルが可能ということで、安心して契約に踏み切れました。
以前使っていたWiFiとほとんど同じくらいの値段にも関わらず、比べものにならないくらい速くなり全くストレスを感じません。もっと早くこちらを選んでおけばよかったです。
契約期間が3年縛りでそれ以前に解約すると高額な違約金が発生してしまうのが唯一のネックポイントです。

— みん評

悪い口コミ

対応が遅い。違約金高い。回線が重い。

これを使う人はキャッシュバック目当てだと思うが騙されるな。

対応が遅い。
電話が繋がらない、電話の利用料金取るくせに対応がスムーズではない。遠回りさせないでくれ。その上担当が違うからといってたらい回し。コールセンターでそれがクレームになりやすいということを理解していないのか、この会社の形態が悪いのか、どちらにせよダメ。終わってる。
単純に性能悪いからモバイルWi-Fiはおすすめしない。高い。他に比べても高いのでやめた方がいい。

— みん評

悪質

キャッシュバックは受け取れなかった。分かりにくいアドレスに通知を送って期限切れを狙っていることがミエミエ。
解約も、月だけ表示し、実際は20日までに手続きしないと違約金を取るという手法。
悪質業者に釣られたと思うと情け無い。被害者がこれ以上増えませんように。

— みん評

[5位]Broad WiMAX

Broad WiMAXの紹介画像

キャンペーン情報

  • 18歳~25歳の学生・学生の両親の申込で月額料金4,697円割引
  • 直近3ヶ月前後で引越しした方の申込で月額料金4,697円割引
口座振替 海外利用
×
端末レンタル 5G対応

プラン概要

プラン名 ギガ放題コスパDXプラン
契約期間 2年(自動更新なし)
データ通信量 無制限
月額料金 初月:1,397円
~36ヶ月:3,773円
37ヶ月~:4,818円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 20,743円クレカ支払いで無料
解約料金 4,818円

端末詳細

※横にスクロールできます。

端末タイプ ホームルーター ポケット型WiFi
端末名 HOME 5G L13 5G X12
最大通信速度 4.2Gbps 3.9Gbps
端末代金 27,720円 27,720円
端末代金 レンタルで無料 レンタルで無料
持ち運び

参考:Broad WiMAX公式サイト

Broad WiMAXは、リンクライフ株式会社から提供されているWiFiサービスです。契約期間あり(月額料金4,818円)と契約期間なし(月額料金4,950円)のプランを展開しています。

契約期間ありプランといっても、自動更新はありません。2年以内の解約でも、解約金は4,818円(月額料金1ヶ月分)だけです。

WiMAXの口座振替にも対応していますが、料金が高いため、クレジットカード払いがおすすめです。

Xロボ 通常

Broad WiMAXがおすすめなのは、学生&直近3ヶ月でお引越し予定(した)の方だよ!
学生・引越しキャンペーンが適用できるんだ。

学生割引キャンペーンは、18歳から25歳の学生もしくは両親が対象です。学生と分かる証明書を提出すれば適用になります。

お引越しキャンペーンは、直近3ヶ月でお引越し予定(した)方が対象です。身分証明書を提出すれば、適用になります。

Xロボ 通常

思ったより使用感が悪くてWiMAXから乗り換えたいと感じても、無料で使えるいつでも解約サポートを活用すれば、おすすめの乗り換え先の案内と違約金補填もしてくれるんだ!

Broad WiMAXの口コミ・評判

良い口コミ

満足しています

スマホから申し込んだら、割引が適用になってとても助かりました。直ぐにモバイル端末が送られて来たのも良かったです。早速部屋の中で使ってみたら、YouTubeもスラスラと再生する事ができました。タブレットとノートパソコンを同時にモバイル端末に繋げても大丈夫でした。外出時はどうかと試してみたのですが、電車の中でも動画がきちんと再生されていますし申し分がないです。

— みん評

悪い口コミ

ポケット型WiFiおすすめランキング5社

おすすめポケット型WiFi

ここでは、ポケット型WiFiおすすめ5社を紹介していきます。

ポケット型WiFi 公式サイトを見る
楽天のポケット型WiFi
Chat WiFi
MONSTER MOBILE
ZEUS WiFi
AiR-WiFi

※ホームルーター名クリックで解説までスクロールします。

[1位]楽天のポケット型WiFi(Rakuten WiFi Pocket)

楽天のWiFiの紹介画像

キャンペーン情報

  • 楽天モバイルとWiFiセット申し込みで端末代金1円
口座振替 海外利用
端末レンタル 5G対応
×

料金詳細

プラン名 楽天最強プラン
契約期間 なし
月額料金 ~3GB:1,078円
~20GB:1,980円
無制限:3,278円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 0円

参考:楽天モバイル公式サイト

端末詳細

回線タイプ ポケット型WiFi
端末名 Rakuten WiFi Pocket 2C
最大通信速度 150Mbps
端末代金 7,980円

参考:Rakuten WiFi Pocket 2Cスペック詳細

楽天モバイルではデータを使ったぶんだけ料金が発生するプランを採用していますが、20GB以上なら3,278円でデータを無制限利用できます。

現在、高速データ通信を無制限利用できるポケット型WiFiは、楽天モバイルとWiMAXのみです。

しかし、WiMAXだと実質料金最安のGMOとくとくBB WiMAXでも月額3,784円~4,444円かかるので、データ無制限プランを安く契約したいなら楽天モバイルがおすすめといえます。

また、楽天モバイルは契約事務手数料が無料なだけでなく、「Rakuten WiFi Pocket 2C」を1円で購入できるため、初期費用を安く抑えながらポケット型WiFiの利用を開始できますよ。

端末スペックが低いので通信速度は遅めですが、速度より料金の安さを重視したいなら、楽天モバイル一択です!

楽天モバイルがおすすめの人
  • 速度より料金の安さ重視でポケット型WiFiを利用したい人
  • データ無制限プランを業界最安値で契約したい人
  • 毎月のデータ消費量にムラがある人

良い口コミ

悪い口コミ

[2位]Chat WiFi

Chat WiFiのWiFiの紹介画像

キャンペーン情報

  • 契約事務手数料 0円
口座振替 海外利用
× △U2sのみ対応
端末レンタル 5G対応
×

料金詳細

プラン名 Chat WiFi
契約期間 1年(自動更新なし)
月額料金 20GB 2,280円
20GB 2,600円
50GB 2,600円
50GB 2,980円
200GB 4,690円
200GB 4,928円
契約事務手数料 3,300円0円
ほか初期費用 なし
解約料金 0円

参考:ChatWiFi公式サイト

端末詳細

回線タイプ ポケット型WiFi ポケット型WiFi
端末名 Macaroon SE U2s
最大通信速度 上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
端末代金 上り:50Mbps
下り:150Mbp
上り:50Mbps
下り:150Mbps
端末代金 レンタルで無料 レンタルで無料
持ち運び

参考:グローカルネット公式サイト(U2s)

Chat WiFiは、ポケット型WiFiで20GB〜200GBまで使えるプランを提供しています。

月間のデータ通信量が決められているWiFiのなかで、200GBまで使える大容量プランを展開しているのはChat WiFiだけです。

月額料金は業界最安級で、料金はずっと定額です。短期・長期に関わらず、安くWiFiを使い続けることができます。

Chat WiFiの口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

[3位]MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILEのWiFiの紹介画像

キャンペーン情報

  • 14日間お試しキャンペーン
口座振替 海外利用
× ×
端末レンタル 5G対応
×

料金詳細

プラン名 2年契約プラン
契約期間 2年(自動更新なし)
データ通信量 最大100GB
月額料金 20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
契約事務手数料 3,300円
解約料金 月額料金の1ヶ月分と同額

参考:MONSTER MOBILE公式サイト

端末詳細

回線タイプ ポケット型WiFi
端末名 Macaroon SE
最大通信速度 上り:50Mbps
下り:150Mbps
端末代金 レンタルで無料
持ち運び

参考:MONSTER MOBILE Macaroon SE 取扱説明書

MONSTER MOBILEは、ポケット型WiFiで20GB・50GB・100GBのプランを提供しています。

MONSTER MOBILEは14日間お試しキャンペーンを実施しており、ポケット型WiFiを使ってみて、思うように通信できなかった場合は契約をキャンセルすることができます。

初めてポケット型WiFiを使う人も「お試し」できることで安心して申し込むことができ、月額料金も安いためおすすめです。

良い口コミ

悪い口コミ

[4位]ZEUS WiFi

ZEUS WiFiの紹介画像

キャンペーン情報

  • 月額料金大幅割引キャンペーン
口座振替 海外利用
× ×
端末レンタル 5G対応
×

料金詳細

プラン名 ZEUS WiFi
契約期間 1年(自動更新なし)
月額料金 30GB ~3ヶ月:980円
~24ヶ月:2,361円
25ヶ月~:2,508円
50GB ~3ヶ月:1,480円
~24ヶ月:3,106円
25ヶ月~:3,278円
100GB ~3ヶ月:1,980円
~24ヶ月:3,212円
25ヶ月~:3,828円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 月額料金1ヶ月分

参考:ZEUS WiFi公式サイト

端末詳細

回線タイプ ケット型WiFi
端末名 MR1
最大通信速度 上り:50Mbps
下り:150Mbps
端末代金 レンタルで無料
持ち運び

参考:J-mobile:MR1

ZEUS WiFiは、ポケット型WiFiの30GB・50GB・100GBのプランを提供しています。現在は月額料金の大幅割引キャンペーンを実施しており、30GBは業界のなかでも最安級です。

毎月のデータ通信量が30GB以内の方で、ポケット型WiFiを使いたい方におすすめのWiFiです。

ZEUS WiFiの口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

[5位]AiR-WiFi

AiR-WiFiiの紹介画像

キャンペーン情報

  • 30日間お試しモニターキャンペーン
口座振替 海外利用
× ×
端末レンタル 5G対応
×

料金詳細

プラン名 AiRーWiFi
契約期間 12ヶ月
月額料金 おてがるプラン 1,958円
サクッとプラン 3,278円
らくらくプラン 3,377円
契約事務手数料 3,300円
ほか初期費用 なし
解約料金 月額料金1ヶ月分

参考:楽天モバイル公式サイト

端末詳細

回線タイプ ポケット型WiFi
端末名 MR1
最大通信速度 上り:50Mbps
下り:150Mbps
端末代金 レンタルで無料
持ち運び

参考:AiR-WiFi公式サイト

AiR-WiFiは、新しく20GBの提供を開始しました!20GBであれば、他社ポケット型WiFiよりも安い月額料金で使うことができます。

AiR-WiFiは契約期間に縛りがあるものの、1年毎に更新月が来るため、もしものときも解約しやすいといった点もメリットです。

さらに、申込み後1ヶ月以内なら違約金無料で解約できるので、はじめてクラウドSIM系のポケット型WiFiを利用する人も申し込みやすいでしょう。

AiR-WiFiの口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

ホームルーターとポケット型WiFiのセットプラン「革命セット」もおすすめ

:ホームルーターとポケット型WiFiのセットプラン「革命セット」もおすすめ
WiFi革命セット公式サイトより引用

ホームルーターとポケット型WiFiの申し込みに迷っているなら、革命セットがおすすめです!

革命セットとは、家ではソフトバンク回線を利用できるホームルーター[Airターミナル5]、外出先では月間100GBまで通信できるポケット型WiFi[ONE MOBILE]の2端末が使えるセットWiFiです。

ホームルーターとポケット型WiFiを個別で契約した場合と比べると最大月額料金が7,458円安く利用ができます。スマホセット割は、ソフトバンクとワイモバイルで適用可能です。

キャンペーン 25,000円キャッシュバック
端末代金 71,280円(1,980円×36回)
月額料金 ~1ヶ月:880円
2~36ヶ月:3,630円
37ヶ月~:7,568円

工事不要WiFiはお試しサービスをしている場合がある

WiFiのイメージ
WiMAXをお試し利用するおすすめの方法2つ

自宅用のWiFiを正式に契約する前に、実際に使ってみて通信速度や使用しやすさを確認したい人は、お試し利用することをおすすめします。

契約して使い始めた後に、他のWiFiや光回線に変えたいと思うこともあるかもしれません。

契約期間の縛りや違約金がないプランであればよいですが、違約金がネックになり「不満を感じながら使い続ける」という状況は避けたいものです。

また、たとえ違約金が無い場合でも、端末をレンタルするプロバイダであれば端末の返送料がかかるほか、事務手数料が無駄になってしまいます。

WiFiをお試し利用する方法
  • WiMAXなら[Try WiMAX]を使う
  • そのほかWiFiならレンタルする

WiMAXならUQ WiMAXの「Try WiMAX」がおすすめ

UQ WiMAXの紹介画像
TryWiMAXの申し込み条件
  • 日本国内に在住の20歳以上
  • 申し込み者本人名義のクレジットカードを登録できる
  • 過去180日間以内にTryWiMAXを利用していない

Try WiMAXは、ポケット型WiFi(WiMAX)が無料でお試しできます。お試し期間は15日間で、ポケット型WiFi・ホームルーターどちらの端末もレンタル可能です。

Try WiMAXの注意点

申し込み条件がある

Try WiMAXは本人名義のクレジットカードの登録が必要であるため、クレジットカードを持っていない場合は申し込みができません。

口座振替やデビットカードの支払いも認められません。過去180日間以内にTryWiMAXを利用している場合も、利用できないことにも注意が必要です。

クレカの利用枠が確保される

サービス利用中は、違約金の請求に備えて、一時的にクレジットカードのショッピング利用枠が確保されます。

確保されるのは、機器購入代金相当分の2万円程度ですが、ショッピングや借り入れなどで、上限枠ギリギリまでカードを利用している人は気をつけましょう。

そのほか、TryWiMAXを利用する際の注意点は以下の2点です。

実質的に利用できるのは10日間程度

15日間無料でお試しとありますが、WiMAXの端末発送日を1日目として、15日目には返却が完了していなければいけないため、実際には10日前後しか使えません。

事前にWiMAXで試しておきたいこと、試しておきたい場所をリストアップしておき、期限内に返却できるようにしましょう。

気に入った場合でも一度返却が必要

WiMAXの使用感が気に入った場合でも、そのまま継続しての利用ができない点もおさえておきましょう。

レンタルしていた端末は、一度返却をしてください。契約後に新しい端末が送られてきます。

なお、TryWiMAXを利用したからといって、UQ WiMAXと契約しなければならないという縛りはありません。

月額利用料金や端末代、キャンペーンなどを比較し、自分に合ったプロバイダを選んで契約することをおすすめします。

そのほかWiFiならレンタルする

WiFiを利用するのが短時間であることがあらかじめわかっている場合は、レンタルサービスの利用がおすすめです。

1日あたりの料金が決まっており、安いものであれば1日700円程度でレンタルすることが可能です。

光回線についてもっと詳しく解説

光回線についてもっと詳しく解説

光回線の申し込みを迷っている方へ向けて、補足として光回線を詳しく解説していきます。

光回線にも2タイプある

回線 特徴
独自回線
  • 提供エリアが狭い
  • 契約できるマンションが少ない
  • 実測値が光回線の中でもトップレベルに速い
  • 料金が安い
光コラボ回線
  • 日本全国で利用できる
  • 幅広いマンションで契約できる
  • フレッツ光や他社光コラボ回線から工事不要で乗り換えられる

実は、光回線には2つの種類があります。それぞれ「独自回線」と「光コラボ回線」と呼び、特徴が変わります

光回線の種類「光コラボ」とは?

光コラボ回線とは、フレッツ光の回線設備をさまざまな事業者が独自サービスを付け加えて提供している光回線です。

フレッツ光同様、日本全国で利用できる点が特長で、マンションなどの集合住宅にもフレッツ光の回線設備が導入されているケースが多いことから、比較的だれでも利用しやすい光回線といえます。

また、光コラボ回線は、フレッツ光や他社光コラボ回線同士なら工事不要でサービスを乗り換えられる点も特長です。ただし、光コラボ回線は独自回線ほどの実測値は出せません。

光回線の種類「独自回線」とは?

独自回線とは、自社の回線設備を利用する光回線です。

実測値が光回線の中でもトップレベルに速く、料金も光コラボ回線より安く設定されているので、通信速度の速さだけでなく、料金の安さも求めたい人におすすめといえます。

ただし、マンションなどの集合住宅では建物内に各独自回線の回線設備が導入されていないと契約できないので、契約するまでのハードルが高い点はデメリットといえます。

光回線をアパート・マンションで開通させる方法

光回線をアパート・マンションで開通させる場合、物件の設備状況によって手続きの方法が変わります。

特に集合住宅は管理人・管理会社が光回線の手配をしてくれていたり、前の居住者が開通工事を終わらせてくれている場合があります。

インターネット完備のパターン

インターネット完備の集合住宅なら、すでに光回線の設備が導入されています。光回線の設備に対応しているサービスを申し込めば、開通工事不要でWiFiを使い始めることができます。

Xロボ 通常

管理会社が光回線への申し込みもしてくれていて、WiFi料金が家賃や管理費に含まれているパターンもあるよ(例:レオパレスなど)。

この場合はインターネット回線が指定されているから、光回線の乗り換えなどは出来ないよ。

インターネット対応のパターン

インターネット対応の集合住宅なら、共有スペースまで光回線の設備は導入されていますが、ケーブルは部屋まで引き込まれていない物件です。

光回線の設備から、部屋までケーブルを引き込むための開通工事が必要になりますが、光回線の設備に対応しているサービスを申し込めば、1〜3週間ほどで開通できます。

Xロボ 通常

光回線の申込先が指定されていないなら、設備に対応した光回線を自由に選んで申し込むことができるよ!

インターネット非対応のパターン

インターネット非対応の集合住宅なら、光回線の設備は導入されていません。

インターネット非対応で光回線を申し込みたいなら、管理人や管理会社に申し込んでもよいか確認する必要があります。

開通工事によっては壁に穴をあける場合もあるため、許可なく申し込むとトラブルに発展する可能性もあるため、要注意です。

Xロボ 通常

許可取りが面倒な方、光回線にこだわりがない方は工事不要WiFiがおすすめだよ!

おすすめ光回線を見る >

おすすめホームルーターを見る >

おすすめポケット型WiFiを見る >

WiFiのおすすめ探しによくある質問

よくある質問

ここでは自宅用WiFiについて、よくある質問をまとめました。 それぞれ詳しくみていきましょう。

クリックで解説までスクロールします。

Q.WiFiのメリット・デメリットについて知りたい

A.WiFiのメリットは「ネットが使えるデバイスが多くなる」「別の部屋や別の階でもルーターに接続できる」デメリットは「周辺環境の影響を受けやすい」ことです。

WiFiとは、無線でインターネットに繋げることを可能にした規格の名称です。

つまり、有線接続できない通信機器でもインターネットが使えるようになり、ルーターからある程度離れた場所(別の部屋や階)でも利用できます。

ただし、壁などの遮蔽物・電子レンジなど家電の電磁波・周辺の電波混雑状況といった影響を受けやすいため、速度の安定性の面では劣ります。

Q.WiFiがあればYouTubeは無料ですか?

A.YouTubeは無料で閲覧できます。

WiFiがなくとも、Googleアカウントを所有しており、インターネットが閲覧できる状態なら、YouTubeは無料で利用できます。

ただし、広告なしで動画を再生したり、バックグラウンド再生をしたい場合は、有料プランに別途申し込む必要があります。

Q.自宅のWiFiおすすめランキングは?

A.[1位]光回線[2位]ホームルーター[3位]ポケット型WiFiです。

自宅なら、光回線のWiFiがおすすめです。通信速度が速く安定しており、データ通信量も無制限で使えます。

しかし開通工事が必要なので、

おすすめ光回線を見る >

Q.工事不要WiFiのおすすめは?

A.ソフトバンクエアー(モバレコエアー)が安いためおすすめです。

ホームルーターはドコモやauなどからも提供されていますが、ソフトバンクのホームルーターであるソフトバンクエアー(モバレコエアー)は特におすすめです。

現在キャンペーンにより月額料金割引・キャッシュバックを実施しています。

おすすめホームルーターを見る >

Q.どのWiFiが繋がりやすい?

A.ルーターから遠い場所なら「2.4GHz」近い場所なら「5GHz」がおすすめです。

2.4GHzは、壁などの遮蔽物に強く、遠くまで電波が届きやすい周波数帯です。

ただし、同じ周波数帯の電化製品(電子レンジなど)や、周辺の電波混雑状況を受けて不安定になる場合があります。

5GHzは、2.4GHzよりも新しく登場したWiFi専用の帯域です。電化製品等の電波に影響を受けることがなく、非常につながりやすく安定しています。

ただし、障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。

おすすめ光回線を見る >

Q.引越しする場合、自宅用のWiFiはどうしたらいい?

引越しする場合、どのWiFiを利用しているかによって対処は異なります。光回線であれば、現在利用している光回線が引っ越し先でも利用できるのか確認が必要です。

引っ越し先でも利用できる場合は、引っ越し手続きを行うことで、転居先でも継続利用できます。

ただし、引っ越し先で利用できないと言われた場合は、現在契約中の光回線を解約し、引っ越し先でも利用できるWiFiを探しましょう。

ちなみに、現在ホームルーターやポケット型WiFiを利用している場合は、住所変更をするだけで引っ越し先でも引き続きWiFiを利用できますよ。

まとめ

本記事では、自宅で使えるWiFiサービスについて解説してきました。

自宅用の最強WiFiは、光回線です。ケーブルを直接部屋に引き込む仕組み上、外的要因を受けづらく、高速かつ安定した通信を楽しめます。

ただし開通工事が必要になる点はネックです。集合住宅の場合や、引越しが近い方は導入が難しい方もいるでしょう。

そんな方は、ホームルーターがおすすめです。コンセントに差すだけでWiFiが使えるようになるお手軽なWiFiルーターで、引越し手続きも住所変更のみとカンタン。

サイズ感も牛乳パックくらいなので、邪魔になりません。一人暮らしの方にも人気があります。

もし自宅だけでなく、外出先でも使いたいなら、ポケット型WiFiを使いましょう。ポケット型WiFiは充電式のWiFiルーターなので、エリア内であればどこでも持ち運びが可能です。

ぜひ本記事を参考に、自宅用のWiFiを選んでみてください。

対面サポート対応
ホリエのWiFi

ホリエのWiFi

月額料金 端末代金
4,180円 21,120円
24ヶ月の
契約継続で
実質無料
最大速度 データ通信量
150Mbps 1日10GB

ホリエモンこと堀江貴文さんプロデュースのポケット型WiFiが登場!

ホリエのWiFiは、1日10ギガで定額4,180円WiFiサービス。国内だけでなく、海外通信にも対応しています。

さらに全国100以上あるX-mobileの各店舗から申し込みができ、対面サポートに対応していて安心です。

オリジナル特典として、ホリエモンチャンネルのニュース・動画などのコンテンツが無料で閲覧可能。

月1回、小麦の奴隷(パン屋さん)のカレーパンももらえます!

プロフィール
執筆者
二葉

光回線の販売経験を積んだライター。ポケット型WiFiやホームルーターにも知識が深く、最新のキャンペーン情報やサービスの動向にも常に注目しています。
情報の正確性と鮮度にこだわり、ユーザーにとって有益となる情報を発信しています。

二葉をフォローする
編集者
ニックネーム

X-mobile編集部
WiFi担当:ひのひの

ポケット型WiFi・ホームルーター・光回線ジャンルを担当。X-mobileメディア発足から、企画立案・記事制作、その他、WiFi端末のレビューも執筆しています。

毎月50社以上のプラン・キャンペーンを調査し、最新のおトク情報をお届け!「直感的に、わかりやすく」をモットーに、現在の生活に欠かせないWiFi・ネット回線の情報を発信しています。

インターネット・WiFi
二葉をフォローする
エックスモバイル通信​
タイトルとURLをコピーしました